top of page
検索

ヴィンテージの息吹を解き放つ: クラシック・サンプラー・テクニックを現代の音楽制作で使いこなす

サンプラーを使った音楽制作における画期的な革新のいくつかを見てみましょう。

アナログ・サンプリング、ビット・リダクションを探求し、デジタル時代のクラシック・ヴァイブであなたの音楽を変貌させましょう。




今日のテクノロジーの力によって、私たちは高忠実度のオーディオ・レコーディング・ソリューションにすぐにアクセスできるようになり、とても恵まれています。

基本的な消費者レベルのラップトップや携帯電話でさえ、プロフェッショナルなサウンドのオーディオをレコーディングし、保存し、処理することができます。

AKAIやEMUがハードウェア・サンプラーで音楽スタジオを埋め尽くし始めた80年代には、このようなことはありませんでした。


その代わり、プロデューサーだけでなくメーカーも、サンプラーのメモリや処理能力をできるだけ効率的に使うために、工夫を凝らさなければなりませんでした。

このような制約の結果、いくつかのユニークなサンプリング・テクニックや癖が生まれ、最終的に音楽の作り方を変えることになりました。

この記事では、サンプリングのこれらの側面をいくつか振り返り、過去の最も深遠なサンプル手法のエッセンスを取り込むために、DAWでそれらをどのように使用できるかを紹介します。

ビットリダクションでグリットとクランチを加える


高品質な16ビットコンバーターのコストのため、AKAI S950やEMU SP-1200のようなビンテージハードウェアサンプラーは、私たちが現代の機器で慣れ親しんでいる16ビットや24ビットとは対照的に、12ビットのビットレートでオーディオをサンプリングしました。

簡単に言えば、これはオーディオがレコーディングされる解像度に関するものです。

ビットレートが小さいほど、解像度は低くなります。


オールドスクールなサンプラーのクラシックなサウンドは、低いサンプルレートとともに、低いレコーディング解像度に起因することがよくあります。

例えば、EMU SP-1200はビットレート12ビット、サンプル周波数26.04kHzでレコーディングされ、史上最高のサウンドを持つクラシック・ハードウェア・サンプラーとして多くの人に知られています。

ヒップホップ界の革命児パブリック・エナミーのセカンド・アルバム『It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back』は、その象徴的なサウンドをSP-1200に依存したアルバムの一例です。




デジタル・ビットクラッシャーを使えば、このスタイルのサウンドをデジタル・ドメインでエミュレートすることができます。




Loopcloud DRUMLoopcloud PLAYは、それぞれ内蔵のCrushとLo-Fiエフェクト・モジュールで、このスタイルのビット圧縮をエミュレートできます。

AdvancedまたはMixerウィンドウに移動し、関連するモジュールをオンにして、それに応じてサンプルレートとビット深度を下げるだけです。


Grit - Before


Grit - After




EMU SP-1200の設定を適用すると、非常に繊細な効果が得られますが、さらにSample RateとBit Depthを下げることで、より極端な硬質感を得ることができます。

このケースでは、Sample Rateを約21kHzに、Bit Depthを11ビットに下げて、ドラムにクランチを加えています。



Grit - Extreme


初期のサンプラーにアナログレコードをサンプリングする


テクノロジーがサンプリングの方法を変えたもう一つの方法は、Loopcloudのようなサブスクリプション・ベースのサンプル・ライブラリの登場です。

高品質なロイヤリティ・フリー・サンプルの膨大なライブラリにすぐにアクセスできるのは素晴らしいことですが、埃をかぶった古いカセットやレコードをサンプリングすることには、こうしたサンプル・パックでは得られない魅力があります。




オールドスクールな アナログ・レコードの風味を味わいたいなら、ヒップホップの黄金期、つまり80年代半ばから90年代半ばにかけてリリースされたレコードの多くに目を向けるといいでしょう。

例えば、ウータン・クランのデビュー・アルバム『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』は、VHSカンフー・テープや60年代のソウル・レコードからのアンビエント・ヒスで満たされています。


どんなサンプルでも簡単にレコードのような雰囲気を出すことができます。

今回はMassive x Lo-Fi and ChillサンプルパックのLFC_Pluck_Meadows_G3_FAサンプルを使用しました。

このプラックの音色は気に入っていますが、私たちの好みからすると少しクリーンすぎます。

レコードのクラックルエフェクトをレイヤーし、リサンプリングすることで、全く新しいキャラクターを与えることができます。

BLE9_Vinyl_Crackle_FX_03のクラックルサンプルを使っています。




サンプルとレコードのクラックルを選択したら、必要なレベル調整とオーディオ編集を適用し、新しいオーディオチャンネルに再サンプルして1つのオーディオサンプルにします。



Vinyl Resampled


これで、新しいカスタムメイドのサンプルをサンプラーにサンプリングし、キーボードに沿って演奏することができます。

ループしたクラックルサンプルを下に加えるだけでなく、オリジナルのエフェクトと一緒にレイヤードクラックルエフェクトをサンプリングすることにはいくつかの利点があります。


第一に、何度でも使える自分だけのサンプルを作ることができます。

第二に、ビンテージサンプラーで再生されるように、クラックルはサンプルと一緒にピッチを変化させるので、より本物のサウンドを得ることができます。



Vinyl Sampler


直線的な移調のためにコードをサンプリングする

前のテクニックと次のテクニックを組み合わせて、古典的なサンプリング・テクニックをダブルヘッダーで紹介します。

ヴィンテージ・ハードウェア・サンプラーの主な制約は、一般的にモノフォニックであることでした。

そのため、上で使ったような個々の音をサンプリングし、それをコードとして再生することは不可能でした。

その代わり、コードを演奏したい場合は、内部的なリサンプリング技術を使って、追加の音を重ねる必要がありました。

この回避策によってある程度の柔軟性は確保されたものの、サンプリングされたコードを再生すると、サウンド全体が一緒に移調されることになりました。


これは制約のように思えますが、サンプリング・コード・サウンドは、UKガレージ、レイヴ、ジャングルといったジャンルの代名詞となりました。

ジャングルというジャンルの開拓と普及に関わった初期のアーティストには、ゴールディやレベルMCなどがおり、彼らの作品の多くにサンプリング・コード・サウンドの痕跡を見ることができます。



サンプリングしたコード・サウンドを再現するには、MIDIを使って再サンプリングしたプラック・サウンドでコードをプログラムし、それをもう一度再サンプリングして別のサンプラーで再生するだけです。


Chord Sound



ユニークなグルーヴのためにシンクされたサンプルを避ける


Loopcloudのようなサンプルサブスクリプションサービスを使用する場合、テンポに同期したサンプルを検索、編集、使用するのは簡単です。

LoopcloudアプリのTempo FilterとMatch Tempo機能を使えば、プロジェクトのテンポに合わせて適切なサンプルを探せるだけでなく、アプリが自動的にサンプルのテンポも同期してくれます。


Loopcloudアプリの下部にある南京錠のアイコンを水色に点灯するまでクリックするだけです。

これらの機能はあなたの制作プロセスを効率化しますが、それは80年代や90年代に行われていた方法ではありません。




プロデューサーはその代わりに、サンプルをプロジェクトのテンポに手動で同期させるか、テンポに関係なくサンプルの中からグルーヴを探す必要がありました。

後者の解決策は、テンポに同期したループでは得られなかった、実に興味深い結果を生み出すことがあります。

詳細なテンポや音符の解像度がないため、ループは不正確なものになり、例えばEPMDのトラック'Let The Funk Flow'のようになります。




この記事の最初のステップのドラム・ビートを例にとると、137BPMです。

次に、Loopcloudアプリのテンポスライダーを使って、BPMが90BPMから105BPMのボーカルループに絞り込むことができます。

ECR_96_Sx_2bar_disappearボーカルサンプルを見つけました。




Vocal Rhythm




このサンプルをループさせ、サンプルの長さや開始点を調整することで、トラックのBPMに同期していないが、トラックのリズムと連動しているボーカルリズムを発見することができます。

これはシンコペーションやポリリズムのグルーブを追加して、トラックにリズムのバリエーションを加えるのに最適な方法です。





サンプルのスピードを上げ、ピッチを下げる


前のテクニックと同じように、タイムストレッチやサンプルの同期はヴィンテージサンプラーが持っている能力ではありません。

サンプルをより速く再生したい場合、ピッチを上げる必要があり、その逆も同様です。


つまり、プロデューサーはソース・サンプルをより高い、またはより遅いレートで再生し、それをサンプリングし、正しい時間やピッチでサンプルを再生するために、より低い、またはより高い音域で再生する必要がありました。

このテクニックが初めて採用されたのは、Akai S-950を使った4 Heroのトラック「Journey from the Light」です。

Mark ClairとDenis McFarlaneは、同じブレイクを異なるピッチで何度もサンプリングし、ブレイクの長さが同じになるようにしながら元に戻しました。




これは手間のかかる作業のように思えますが、最新のDAWでは比較的簡単で、特にリサンプリングの前に追加処理を行うと、ユニークなサウンドやテクスチャーを作り出すことができます。


このテクニックをLoopcloudのアルペジオ・サンプルに適用してみよう、

今回はZTENKOのOrganic House and TechnoサンプルパックのZGH_118_Gm_Arp_Synth_2_Dryサンプルです。



Arp - Dry


ドライ・サウンドでも問題ありませんが、ユニークなリバーブがかかると本当に生き生きとします。

まずはサンプルのテンポを半分にし、オクターブ下げる。

これはDAWで簡単にできます。

Ableton Liveでは、サンプルエディターのディビジョンボタンを使います。





Arp - Stretched


ストレッチしたサンプルにリバーブやディレイなどのエフェクトをかけます。

この記事のヒント1と2で紹介したビットクラッシュやビニールクラックのエフェクトが、ここではうまく機能するでしょう。

次に、オーディオを新しいチャンネルにリサンプルし、テンポを2倍にして元のスピードに戻し、元の音域まで上げます。


Arp - Resampled


その結果、タイムストレッチによるオーディオ的なアーチファクトが発生し、リバーブやビニール、ビットクラッシュ処理によって、1オクターブ上のピッチになったサンプルができあ

がります。


よくある質問


サンプルの再作成は合法ですか?


個人的な使用であれば、どのようなサンプルでも使用または再作成することができますが、出版された楽曲のサンプルを含む音楽を販売またはリリースする場合は、適切なサンプルクリアランスが必要です。

原盤権はトラックの録音を意味し、出版権は歌詞やメロディなど音楽の内容を意味します。

もしあなたがサンプルを再現し、あなた自身のトラックで発表したいのであれば、出版権のみが必要です。


音楽をサンプリングするテクニックにはどのようなものがありますか?


音楽のサンプリングには様々なテクニックがあります


  • ピッチを変える

  • スピードアップまたはスローダウン

  • 反転

  • グラニュラーのサンプリング

  • スペクトル処理

  • イコライジングなどの音色変更

  • ループ処理


サンプリングがバレたらどうなりますか?


何をサンプリングしたか、オリジナルの出版権や原盤権を誰が持っているか、そのサンプルで何をしたか、それがどの程度成功したかによって異なります。

一般的に、権利者は差し止め命令を出し、あなたが楽曲を共有したり利益を得たりすることを禁止します。

また、ロイヤリティや売上から得た金銭を元の権利者に返還するよう求められることもあります。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page