top of page
検索

サクソフォンのレコーディング方法 - 自宅でもスタジオでも使える完全ガイドとコツ

自宅やスタジオでサクソフォンをレコーディングする方法と、演奏を最大限に引き出すためのヒントをご紹介します。




生楽器のレコーディングとなると、それぞれに癖やニュアンスがあります。

自宅で個人的にレコーディングする場合でも、スタジオでレコーディング・エンジニアとして働く場合でも、サックスを高水準でレコーディングする方法を知りたいのであれば、そのコツをブラッシュアップする必要があります。


この記事では、サックス・レコーディングに挑戦したい方に役立つアドバイスをご紹介します。


サックスのレコーディング方法


ここでは、自宅やスタジオでサックスを録音する際に考慮すべき3つのポイントを説明します。


部屋とスペースの問題


レコーディング・スペースがレコーディングのクオリティに与える影響は、クオリティの高いオーディオを録音する上で見過ごされがちな要素です。

部屋の大きさ、形、壁材、吸音材はすべて、その空間がどのように聞こえるかに影響します。

この背後にある理論は、この記事の範囲では少し専門的すぎますが、以下に基本的な概念のいくつかを紹介します。




狭くて四角い、固い壁のある部屋は、理想的なレコーディング・スペースとは言い難い傾向があります。

音波が不要な方向に跳ね返り、位相の問題や部屋の共鳴、レコーディングの干渉を引き起こすからです。


ディフューザーや吸音パネル、バストラップなどの音響処理対策を施せば多少は改善されますが、理想を言えば、長方形の広い部屋でサックスを録音することが望ましいです。

もしあなたが自宅でレコーディングしていて、スタジオが机とラップトップがあるだけの空っぽの箱なら、ベッドルームやラウンジのような、柔らかいものがある広い部屋でレコーディングすることを検討してください。


レコーディング・スペースが最適でなければ、どんなに高価なマイクでも質の悪い録音になってしまいます。


マイクの選び方


マイクは主に2種類から選ぶことができます。

どちらのタイプのマイクもサクソフォンの録音に適していますが、どちらでレコーディングするかを決める前に、それぞれの長所と短所を考慮する価値があります。


ダイナミックマイクロホンは、頑丈な構造と低い感度のため、ライブや演奏の世界で人気があります。

そのため、ライブや賑やかな環境でサクソフォンを録音する場合や、部屋やバックグラウンドノイズの多い、あまり理想的とは言えないスペースで録音する場合に適しているかもしれません。




コンデンサーマイクは感度が高く、高音域の透明度が高い傾向にあります。

そのため、サクソフォンのような金管楽器特有のざらつきを捉えることができるかもしれません。


マイクが1本しかない場合は、コンデンサーマイクでサックスをレコーディングするのがベストです。

複数のマイクをお持ちの場合は、サンプル・レコーディングをいくつか行い、それらを聴き返してみて、それらがどの程度正確にソース信号を表現しているかを試してみてください。


マイク・ポジショニング


サックスをレコーディングする際のマイクの位置を決める際には、主に2つの要素を考慮する必要があります。1つ目はレコーディングスペースとマイクの位置関係、2つ目はサックスとマイクの位置関係です。


レコーディングスペースによっては、マイクの位置の選択肢はあまり多くないかもしれません。可能であれば、正方形の部屋の中央にマイクを設置するのは避けた方が良いでしょう。




マイクをどこに置くにしても、質の良いマイクスタンドを使うべきです。

マイクを不安定な場所に置いたり、バランスをとったりすると、ノイズが入ったり録音が安定しなかったり機材が壊れたりすることがあります。


サクソフォンのどの位置にマイクを立てるかですが、まずマイクをベルの少し上に立てます。

マイクを少し下げてベルに向けると明るい音になり、サックスの上の方に向けるとふくよかな音になります。


マイクがセットできたら、次はサックスの位置を決めます。

マイクに近すぎると、近接効果によってサックスの低音が強調されてしまいます。

遠くで録音しすぎると、不要な外部ノイズの影響が大きくなります。

このようなマイクの位置の違いは、もちろん読むよりも聞く方が簡単ですが...。




目安としては、サックスのベルから20cmくらいのところから録音を始め、低域のレスポンスを上げたい場合は少し近づけ、ルームノイズを入れたい場合はそれ以上離すとよいでしょう。


サックスレコーディングのコツとヒント


サックスをレコーディングするには、デジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)が必要でしょう。

サックスのレコーディングに最適なDAWは、あなたが最も使いやすいと感じるものである必要があります。

DAWをお持ちでない場合は、Tracktion Waveform FreeAudacityなどの無料のオプションもあります。




サックスをレコーディングするためのDAWの設定ですが、一般的にはサンプルレートは44.1kHzまたは48kHz、ビットレートは16ビットまたは24ビットで レコーディングすることをお勧めします。

ただし、他の人のためにサックスをレコーディングする場合は、その人に好みのレコーディング・フォーマットがあるかどうか確認しておくとよいでしょう。


DAWのレコーディング設定が完了したら、オーディオインターフェイスとDAWに入力されるゲインレベルをチェックします。

オーディオインターフェイスの入力ゲインを調整し、インターフェイスもDAWも0dBFSを超えてクリッピングしないようにします。




同様に、サックスの録音レベルが低すぎる場合、DAWでデジタル的にボリュームを上げる必要があります。

そうするとノイズフロアのレベルも上がり、レコーディングに不要な余計なノイズが入ってしまう可能性があります。

目安としては、サックスのピークが-18dBFS以下になるように入力ゲインを設定してください。


Loopmastersのサンプルを使ってレコーディングせずにサックスを手に入れる

サックスのオリジナル・レコーディングをする代わりに、レコーディング済みのサックス・サンプルを使用する方が適切な状況は数え切れません。


サックスの音色や演奏スタイルにこだわりがあり、自宅ではそれを再現できない場合、Loopmastersのサンプル音源を使用することができます。

ソロ録音ではなく、金管楽器やサックスのアンサンブルをレコーディングに取り入れたい場合もあるでしょう。

あるいは、近所の人の耳がとても敏感かもしれません。


Loopmastersでサックスのサンプルを探す


Loopmastersは、サックスを含むあらゆるサウンドやインストルメントを含む、膨大な数のプロフェッショナル・グレードのロイヤリティー・フリー・サンプルを制作・配布しています。

どのようなスタイルやジャンルであっても、作業に適したサックスサンプルパックがあります。




Famous AudioのLiveシリーズ: Sax Soundsパックには、ディスコからブルースまで様々なジャンルをカバーする数百のミックス済みサックスサンプルが収録されています。

よりコンテンポラリーな雰囲気のサックス・サンプルをお探しなら、Apollo SoundのSaxophonicがお薦めです。


ハウス・ヘッズには、SamplestateのSax House Riffsパックがハウス・サックスのニーズをカバーしてくれます。

また、LoopmastersのJazz Notesパックには、400以上のサックスサンプルを含む、ジャズに特化したワンショットサンプルとループが収録されています。


サックスのパック全体ではなく、単一のサンプルを探している場合は、Loopcloudのライブラリから完璧なサンプルを検索できます。

テンポとキーでフィルタリングでき、DAWのプロジェクト内でテンポとキーが一致したサンプルをプレビューすることもできます。




ファンキーでダスティなブラス・ヴァイブには、Frontline ProducerのVintage Hornsパックがおすすめです。

このパックには、アルト、バリトン、テナーのサックス・マルチを含む膨大なサックス・サンプルが収録されており、作品にブラス・アンサンブルの雰囲気を取り込むのに最適です。


Loopcloudは14日間無料でお試しいただけるほか、3つのサブスクリプションからお選びいただけます。

Loopcloudにサインアップすると、400万のサウンド、クラウドストレージ、Loopcloud Drum and Playプラグインにすぐにアクセスできる。



よくある質問


サックスをレコーディングするには?


高品質なサクソフォンのレコーディングを行うには、外部ノイズが少なく、アコースティック処理が施されているレコーディング・スペースを選ぶのが理想的です。

マイクはサックスのベルから20cm程度離せば、ほとんどのタイプのマイクを使用できます。

マイクの選び方や置き方、サクソフォンの位置などを試してみて、これらの要素がレコーディングにどのような影響を与えるか試してみてください。


サックスをレコーディングするにはどんな機材が必要ですか?


サックスをレコーディングするには、サックス、ダイナミック・マイクやコンデンサー・マイクなどの適切なマイク、オーディオ・インターフェースとマイクを接続するケーブル、コンピュータ、デジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)が必要です。


ライブでサックスを演奏する場合、どのようにマイクを使用しますか?


ライブでサックスのマイクを使用する場合、コンデンサーマイクではなくダイナミックマイクを使用することをお勧めします。

ダイナミックマイクは一般的に強度が高く、ノイズ感度が低いため、マイクのにじみの影響を受けにくくなります。

また、サクソフォンにクリップして演奏者やインストルメントと一緒に動く、サクソフォン専門のマイクもあります。

閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page