top of page
検索

プロデューサーが今すぐ試すべきAIプラグイン10選

トップ・デベロッパーによる高度に訓練されたプラグインで、あなたのDAWにもう少しインテリジェンスを加えましょう。




AI(Artificial Intelligence:人工知能)は、ほとんどすべてのクリエイティブ業界のプロフェッショナルが口にしている話題で、不安と興奮が同居しています。

音楽業界も例外ではありません。

人工知能はしばらくの間、オーディオ・プラグインのアーキテクチャに入り込んでいましたが、この1年でAIプラグインが主流になり、ちょっとした大きな転換点になったように感じます。


この記事では、現在入手可能な最高のAI搭載オーディオ・プラグインをいくつか紹介します。

メロディ作成ツールからミキシング・ツールまで、幅広いツールを集めましたので、ぜひご覧ください。


プロデューサーが試すべき10のAIプラグイン



 




Mawfは、ニューラルネットワーク(人工知能の一手法)を使って、入力された信号の調性を再解釈し、別のインストルメントとして再構築する興味深い小さなツールです。

例えば、シンセのメロディーをmorphに入力し、数回クリックするだけで、そのシンセのメロディーを自然な響きのトランペットのメロディーに変えることができます。


本当に素晴らしいのは、Mawfの中のアルゴリズムは、あなたが与えたどんな音でも再解釈できるということです。

つまり、雨音などの各種効果音、犬の鳴き声でさえも、あなたの好きなインストルメントにモーフィングすることができるのです。


 




Orb Producer Suite 3は、コード進行やメロディーを簡単に作曲できるようにデザインされた、AIを搭載したプラグイン・バンドルです。Orb Producer Suite 3の4つのプラグイン(Orb Chords、Orb Melody、Orb Bass、Orb Arpeggio)は、すべて人工知能を使ってMIDIを生成します。


Orb Chordsは、オリジナルのコード進行を無制限に生成できるウェーブテーブル・シンセです。一度生成されたコード進行は、自由に微調整することができます。


Orb Melodyはリード・メロディ作成用に設計されています。Orb Chordsのように、生成されたメロディを好きなように微調整できます。


Orb Bassは、プロジェクトのハーモニー全体を分析することで、トラックにぴったりのベースラインを作成できます。


すぐに気持ちの良いアルペジオの雰囲気を味わいたいなら、Orb Arpeggioが最適です。

AIを搭載したこのアルペジオ・ジェネレーターは、あなたのためにすべてをやってくれますし、より複雑なコントロールに飛び込んで、夢のアルペジオをデザインすることもできます。


 




iZotopeは多くのプラグインにAIテクノロジーを組み込んでいます。

OzoneとVocal AssistantにはAI技術が組み込まれており、iZotopeのミキシング・スイートNeutron 4にも組み込まれている。


Neutron 4はミキシング・ツールのパッケージです。

そのツールのひとつがアシスタント・ビューで、人工知能を使ってNeutron 4にバンドルされている他のエフェクトからなるエフェクト・チェインを作成します。


アシスタント・ビューは、あなたのトラックを聴いて分析します。

ギター、ボーカル、ベース、ドラムなどの異なるインストルメント・タイプを自動的に検出し、人工知能テクノロジーを使用してカスタム・エフェクト・チェーンを作成します。


また、Neutronのアシスタント・ビューは、リファレンス・トラックとあなたのトラックのトーンを動的にマッチングさせることができます。


 



Sistema by guk aiは人工知能を搭載したシンセサイザーで、内蔵のアルゴリズムを使い、ユーザーからのいくつかの指示に基づいてシンセ・パッチをデザインします。


Sistemaからパッチを得るには、作りたい音のカテゴリー(例:ベル、プラック、リード、ベースなど)を知らせ、いくつかのオプションから希望のキャラクターを選ぶだけ。


Sistema はこの情報をもとに、AIを使って全くユニークなシンセ・パッチを生成します。

AIは毎回全く新しいパッチを作成するので、常に新鮮なサウンドを得ることができます。


 




Sonibleは人工知能をプラグインのデザインに組み込むことでその名を高めてきたが、smart:comp 2はその最新版です。


smart:comp 2がこれほど強力なAIプラグインである理由は、AI要素を一切排除した素晴らしいコンプレッサーであるという事実です。

ユニークながらも直感的なインターフェースを持ち、スペクトル圧縮を実行する機能を備えています。

スペクトル圧縮は、基本的にマルチバンド圧縮です。

スペクトラル・コンプレッションを有効にすると、スペクトルの各パートが別々に圧縮され、非常にスムーズでトーンバランスの取れた信号が得られます。


smart:comp 2のAIはオーディオを分析し、選択した圧縮プロファイルに応じて圧縮し、コンプレッション・プロファイルは、可能な限りスムーズでクリーンなコンプレッション・サウンドを提供するために、何百ものレコーディングでトレーニングされています。


 




名前に込められた意味は?

Baby Audio TAIPに関して言えば、その答えは人工知能の頭文字です。


TAIPはテープ・サチュレーション・プラグインで、人工知能を使い、オーディオにアナログ的な暖かみとハーモニーの豊かさを加えます。

Baby Audioは、ドライ・オーディオと様々なテープ・マシンで処理されたオーディオの学習データをアルゴリズムに与え、ドライ・オーディオと処理されたオーディオの違いを識別するようアルゴリズムに教え込みました。

一旦AIがその違いを知れば、TAIPを通したオーディオにそれを適用することができます。


TAIPには、非常に印象的なクライアントを持つプロデューサーたちによって作成されたプリセットも付属しています。

Mark Needman(Fleetwood Mac、Elton John)、Max Jaeger(Ariana Grande、Drake)、Cesar Sogbe(Prince, Jennifer Lopez)がTAIPにプリセットを提供しています。


 


The Collective(Focusrite、Novation、Ampifyと同じオーディオ・ファミリーの一員)のFASTバンドルは、プロデューサーがミキシングにかかる時間を節約し、より多くの時間を制作に費やせるよう、迅速な結果を得られるように設計されたAIミキシング・スイートです。



FASTバンドルには、FAST Compressor、FAST Equaliser、FAST Reveal、FAST Verb、FAST Limiterが含まれています。

各プラグインは、Sonibleのスマート:エンジンを使用しており、ソース素材に合わせてパラメータを調整することができます。


Sonibleの自社製品と同様に、FASTバンドルには様々なインストルメント・プロファイルが用意されており、FASTプラグインが作業中のオーディオに基づいてミキシングを決定します。


 


Atlas 2は、人工知能がサンプルのマッチングを行うサンプル・オーガナイザー兼ドラム・マシンです。




Atlas 2は、あなたのサンプル・コレクションを分析し、華やかなビジュアル・マップに整理します。

ドラムヒットの種類はグループ化され、それぞれのグループ内では、似た特徴を持つヒット同士が近くに配置されます。

これらのグループ分けはすべて、Atlas 2のAIアルゴリズムがあなたのサンプル・コレクションを分析し、分類することで決定されます。


Atlas 2でキットを作成し、キットに1つまたは2つのサンプルを追加すると、すでにロードしたワンショットを基にキットの残りのパッドが自動入力され、このプロセスがスピードアップします。

その後、Atlas 2の内蔵シーケンサーを使ってビートを制作し、サンプルごとのサンプルエディターを使ってキットを自由に微調整できます。


 




AudiolabのEmergent Drumsは、あなたのトラックに使用するドラムサンプルを生成できるユニークなAIプラグインです。

Emergent Drumsはサンプル作成に音源を一切使用しません。

Emergent Drumsを使用して作成されたドラムヒットは全て、プラグインの人工知能テクノロジーを使用して完全にゼロから作成されています。


従来のサンプル・パックのドラム・サンプルとは異なり、AIが生成したドラム・サンプルを使用する大きな利点は、誰もあなたと同じサンプルを持つことができないということです。

これは音楽制作における人工知能の真に斬新な使い方であり、独自のサウンドを作り上げようとするプロデューサーにとって大きなメリットがあります。



 




Melody Sauce 2は、EvabeatのAIを搭載したPhraseBuilder Engineを使用し、プロデューサーが制作に使用するメロディーやアイデアを生成します。


Melody Sauce 2に内蔵された人工知能により、プロデューサーは音楽制作のノウハウがなくても、トラックの他の要素に合ったメロディーを作ることができます。

個人的な音楽制作アシスタントのように考えることが出来るこのAIエンジンは、ヒップホップ、トラップ、EDM、ハウス&テクノ、ポップ、レゲトン、R&Bなど、さまざまなジャンルのメロディーを作曲できるように訓練されている。


バージョン2のMelody Sauceは、Melody Sauce 1の優れた点をすべて受け継ぎ、アルゴリズムを改善することで、さらに優れたメロディーとフレーズを作成できるようになりました。


FAQs


AIは良い曲を作れますか?


はい、AIは曲の音の特徴を分析し、模倣します。

その結果、AIは曲を模倣したり、曲のバリエーションを考えたりすることが得意になります。

しかし、今のところAIにはまったく新しいサウンドやジャンルを革新する能力はありません。


プラグインはどのように機能するのか?


プラグインとは、DAWに「差し込む」サードパーティ製のソフトウェアツールのことです。

これらのツールは、音楽プロデューサーが音楽コンテンツを操作する能力を高めることができます。


プラグインに関しては、たくさんのオプションがあります。Plugin Boutiqueでインスピレーションを得よう。


プロデューサーはAIに取って代わられるでしょうか?


人間の創造性が基本的に求められるため、この仕事が完全に自動化される危険性は低いと思います。

AIは、人間の生産と効率を高めるために使われる可能性がほとんどです。

閲覧数:623回0件のコメント

Comentarios


bottom of page