top of page
検索

Loopcloud 7.2 プロデュース・ガイド

Loopcloudサブスクリプションと、素早く音楽制作を始める方法




LoopcloudのArtistプラン、Studioプラン、Professionalプランのいずれかに加入し、Loopcloudデスクトップアプリをダウンロードしてインストールすると、400万以上のサウンド、プラグイン・スイート、そしてエキサイティングな音楽制作の世界があなたを待っています。


この記事では、プロジェクトに必要なサウンドを見つける最良の方法や、サンプルを切り刻んでクリエイティブなFXを使い始めつ方法、LoopcloudのDRUMとPLAYを使って独自のビートとメロディー制作などLoopcloudの世界であなたが進みたい方法を案内します。


この記事は初心者や、すでにLoopcloudを使用していてバージョン7.2の新機能を知りたい人のために、2つのセクションに分かれています:



1. Loopcloudの新機能


2. すでにLoopcloudに加入しているユーザー


Loopcloudの新機能


Loopcloudはスタンドアロンのアプリで、DAWなしでも、DAWと一緒に使うこともできます。

Loopcloudアプリを最初に開くと、ホーム・ページが表示されます。

ここでは、Loopcloudストアの新着情報や、特別にキュレートされたサンプルパックを見ることができます。




Libraryタブをクリックすると、パーソナルなサンプルコレクション、購入したLoopmastersサンプルパック、クラウドストレージが表示されます。

パックをクリックすると、右側の列にパック内のすべてのファイルが表示されます。

無料のSound Foundationsパックに含まれるサウンドをフリックして試してみてください。


LoopcloudをDAWに接続する


Loopcloudの主な利点の1つは、DAWに完全に統合できることです。

つまり、プロジェクトのBPMに合わせてサンプルを試聴したり、Loopcloudライブラリからセッションに素早く簡単にサウンドをインポートすることができます。


LoopcloudアプリをDAWで使用したい場合は、プラグイン・フォルダー内にあるLoopcloudアプリを探し、MIDIトラックに追加するだけです。

これでOKです、 アプリに戻ると、DAWに接続されていることが右下に表示され、どんなオーディオもMIDIトラックを通して再生されます。


サウンドをDAWにエクスポートする


Loopcloudサンプルエディターでサウンドを設定したら(詳しくは後述)、エクスポートボタンをクリックしてDAWのトラックにドラッグすることで、DAWにロードできます。

または、クリップボード機能を使ってサンプルをコピー&ペーストすることもできます。




サウンドの検索


400万を超えるサンプルのデータベースを持つLoopcloudライブラリには、ボーカル・チョップ、ベース・リフ、ドラム・グルーヴ、シンセ・メロディなど、探しているものが何であれ、不足するサウンドはありません。

ライブラリーは膨大ですが、驚くほどアクセスしやすく、適切なサウンドをこれまで以上に簡単に見つけられるように設計された機能が満載です。


HomeとLibraryタブの横には、Searchタブがあります。

このセクションをクリックすると、インストルメント・タグの上に検索バーが表示され、そこから適切なサンプルを探すことができます。

例えば、ドラムループを検索したい場合、インストルメントメニューの "Drum "タグをクリックし、表示されるサンプルをスクロールします。


ヒント: インストルメントの全リストやジャンルなどの他のパラメーターで検索するには、検索タブの右側にある "タグ "カテゴリーをクリックしてください。




Loopcloudが提案するサンプルのリストから、さらに絞り込むことができます。

ループかワンショットボタンを選択して、Loopcloudにオーディオの長いセクションか短いヒットが欲しいかを伝えます。

また、WAVファイルタイプや無料サンプルのみを検索することもできます。


Loopcloudのオーディオフィルターを使う


4つのドロップダウンメニュー内のタグは、幅広い検索オプションを提供しますが、ページの右側にあるAudio Filtersセクションでは、サンプルトーン、長さ、リズム密度、ステレオワイド、リリース日などに基づいてサウンドを絞り込むことができます。


プロジェクトのテンポに近いループを探すには、BPMスライダーを適切な範囲にドラッグするか、「Match Tempo」を押すだけでぴったり合うループが見つかります。

多くの音を含むループが必要な場合は、Rhythmic DensityスライダーをComplex方向に調整します。

また、ピアノロールの音符をクリックして特定のキーを検索したり、ToneスライダーとLengthスライダーでそれぞれ周波数範囲とサンプル長を定義することもできます。


ヒント:新しい検索を開始するには、「ホーム」と「ライブラリ」タブの横にある「+」アイコンをクリックします。


AI検索


Loopcloudは、AI検索とインテリジェントなタグ付けを使用して、ハーモニックマッチとリズムペアに従ってサンプルを提案することで、サウンドの検索をさらに簡単にします。


気に入ったサンプルを見つけたものの、いまいちピンとこない場合は、Matchボタンをクリックし、ハーモニック・マッチ、リズム・マッチ、類似サウンドのいずれかを選択します。

ハートボタンをクリックすると、アプリ右側のツールバーからアクセスできる「お気に入り」にサンプルを保存できます。


サンプルでクリエイティブを手に入れる


プロデューサーとして、あるいはアートフォームのクリエイターとして、あなたは常にオリジナリティを追求すべきです。

Loopcloudが単なるサンプル・ライブラリーを超えた存在であるのはそのためです。

このソフトウェアでは、エディターを使って個々のサンプルを自由に変更したり、クリエイティブなFXを追加したり、マルチトラック機能を使って独自のループを重ねたりすることができます。


Loopcloud Editorの使い方


サンプルをクリックすると、自動的にLoopcloud Editorに読み込まれます。

エディターを "サンプルスライスとパターンの作業台 "として使用し、サンプルのオーディオ波形の上に並べられたツールの配列を使って、個々のサンプルスライスの配置、タイミング、レベルを調整することができます。




Pitchノブには便利なキーロック機能があり、その下のドロップダウンメニューで選択したキーに自動的にトランスポーズします。

Octボタンで1オクターブ単位で素早く移調することもできます。


スプリットツールを使ってサンプルをセクションにカットしたり、ドラッグツールでセクションを移動したり、スリップツールを使ってセクション内のオーディオをグリッド内の位置を失うことなくシャッフルしたりできます。

スライスやダイシングを自分で行うのが面倒な場合は、Loopcloudのプリセット・パターンを使ってみましょう。


FXの追加


FX Editボタンをクリックすると、DAWのようにシグナルチェーンに複数のエフェクトプラグインを追加できる新しいウィンドウが開きます。

Loopcloudには、Compressor、Delay、EQ、Reverb、GrainStretch、Toneboxを含む10種類のエフェクトが用意されています。

各エフェクトはデフォルト・モードで適用することも、ファクトリー・プリセットを適用して使用することもできます。

FX Editセクションでエフェクト・プラグインをチェーンして、ユニークで刺激的なサウンドを作成する方法については、こちらの記事をご覧ください。




ループやワンショットをロードできるトラックが8つあるので、エディターでサウンドを重ねる可能性はほとんど無限大です。

サンプルを新しいトラックにロードするには、インターフェイスの下部にある番号の付いたトラックの1つをクリックし、次にサンプルをクリックするだけです。


サンプルのピッチやパターンを変更すると、作業中のトラックのサンプルだけが影響を受けます。

FX Editセクションに追加したエフェクトも同様です。

つまり、異なるサウンドレイヤーを構築して完全に独自のサンプルを作成することができます。


全てのトラックを1つのループとしてエクスポートするには、Exportボタンを押すだけです。

例えば、現在のトラックだけを処理したい場合や、別々のファイルが必要な場合などは他のエクスポートオプションもあります。


DRUMとPLAYで音楽を作る


Loopcloudスタンドアロン・アプリケーションをダウンロードしてインストールすると、音Loopcloud DRUMとLoopcloud PLAYプラグインも手に入ります。

どちらのプラグインもデフォルトのプラグイン・フォルダーにインストールされるので、DAWのインストルメントやMIDIトラックにドロップするだけで簡単に使い始めることができます。


Loopcloud DRUM



Loopcloud DRUMは、Loopcloudに直接接続する16パッドのドラム・サンプラーとシーケンサーで、プレミアムなパーカッション・サウンドの大規模で多様なライブラリにアクセスできます。

このプラグインには、トップ・アーティストや専属レーベルが厳選した最先端のキットが満載されており、あなたのプロジェクトに最高級のドラムを簡単に追加できます。


各パッドは、あなたのパーソナル・ライブラリまたはLoopcloudカタログのオーディオ・サンプルで満たせるエリアになっています。

プラグインのシーケンサーを使ってパターンを作成し、各パッドのパラメーターを使ってドラム・サウンドを編集し、ミキサー・ページを使ってブレンドしてください。

満足のいくビートを作ったら、お好みのエクスポート・オプションを使ってDAWにドラッグするだけです。


Loopcloud PLAY



ロイヤリティ・フリーのプレミアム・サンプルやループの膨大なコレクションを、直感的なインストルメントに組み込んで、インスピレーションが湧いたらすぐに制作に取り掛かれるとしたらどうでしょう?

PLAYならそれが可能です!


リード、ベースライン、パッドに最適なPLAYの豊富なオーディオ・マニピュレーション機能で、サンプルを思いのままにコントロールできます。

Y トップ・プロデューサーやアーティストのプリセットをロードし、マクロ、フィルター、エンベロープ、LFOモジュレーションなどを使って、思う存分いじくり回すことができます。



 

既存の購読者


Loopcloudを使い始めてまだ日が浅い方のために、私たちの最新のアップデートには、プロデューサーとしてのあなたの作業をより簡単にするクールな新機能がいくつかあります。

Loopcloud 7.2では、UIの調整、検索機能のアップグレード、エディターの強化、そして全く新しいフィードバック・セクションが追加されました。

それぞれのアップグレードの詳細については、こちらをお読みください。

アップデートは'マイ・アカウント'から。







ライブラリビュー


サンプルを保存し、アクセスする場所であるLibraryタブは、Loopcloudソフトウェアの重要なパーツです。

新しい、合理化されたインターフェイスは2列にレイアウトされ、左側にパック、フォルダ、クラウドストレージにアクセスできるようになっており、右側に結果が表示されます。

また、クリックしたパックやフォルダに関連する個々のサンプルがポップアップ表示されます。





ライブラリビューには、小さなパックを隠すことができる新しいボタンもあります。

これは、部分的なパックがたくさんある場合や、1つのファイルしか入っていないパックがある場合に便利です。


洗練されたフィルタリング


オーディオ・フィルターは、プロジェクトに最適なサウンドを探し出すときの強い味方です。

サンプル・トーン、長さ、リズム・デンシティ、ステレオ・ワイドなど、通常のフィルターに加え、リリース・デイト・フィルタリングが追加されたことで、その機能はさらに向上しました。


リリース日のフィルタリングにより、特定の期間のサンプルを探したり、先週、今月、または今年リリースされたサウンドに焦点を当てることができます。

Loopcloudは、毎週トッププロデューサーやサンプルメーカーから特別に厳選された新しいサウンドをリリースしているので、"Last Week "プリセットを選択すれば、あなたのデスクにホットなインスピレーションが山積みになっていることでしょう。




Loopcloudからシンセ・プリセットをダウンロード


人気のソフトウェアシンセのプリセットがLoopcloudでプレビュー、購入できるようになりました。

Serumのプリセットパックを皮切りに、毎週刺激的なサウンドの新しいパックをリリースしていきます。


これらのプリセットはLoopcloud経由でダウンロードでき、あなたのソフトウェアシンセの関連プリセットフォルダに直接インストールできます。

新しいコンテンツがリリースされるにつれて、より多くのフォーマットの公式サポートを追加していきます。

Loopcloudでシンセプリセットを見つけるには、検索でシンセプリセットタグを検索してください。

それぞれのプリセットにはプレビューが付いており、プリセットのサウンドを正確に知ることができます。




アップグレードされた編集


LoopcloudのEditorは、サンプルのスライスや切り出しを行う作業場としてお馴染みでしょう。

サンプルをダブルクリックしてエディターを開くのではなく、Loopcloudを起動した瞬間からエディターが利用できるようになりました。

これにより、ユニークなサウンド作りに費やす貴重な時間を節約できます!


キー・ロック


さらに、Loopcloudコミュニティからのリクエストに応え、エディターのキーを「ロック」することで、メジャーキーとマイナーキーを認識できるようになりました。

これは、必要なときに相対的なメジャーキーやマイナーキーにトランスポーズし、正しいメロディーの近辺にいるようにロックすることを意味します。

正しいサウンドを見つけるのはすでにスムーズなプロセスでしたが、さらに簡単になりました。




フィードバックをお寄せください


Loopcloudコミュニティは、音楽制作とサンプリングを可能な限りアクセスしやすく、楽しく、やりがいのあるものにするという私たちの活動において、常に非常に重要です。

ユーザーがいなければ、私たちのチームは、私たちが行うプロジェクトや創造的な試みに関わることができません!


Loopcloudのステータスバーに「フィードバックを送る」ボタンが追加され、チームに直接フィードバックを送ることができるようになりました。

バグについて教えていただいたり、新機能をリクエストしていただいたり、一般的な意見や フィードバックをお寄せください。

Loopcloudチームは、寄せられたご意見をすべて読み、私たちが提供するサービスの未来を形作るために活用します。




さらに、フィードバックセクションでいくつかの質問にお答えいただくと、無料サンプルパックを差し上げます。

カスタマーサポートへのお問い合わせは、support@loopcloud.com まで

閲覧数:359回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page