検索

Loopcloudのキーコマンド、ワークフローに最適なショートカットとそのカスタマイズ方法

どんな分野のソフトウェアを使っている人でも、ワークフローのヒントのトップ5を聞けば、キーコマンドの習得は間違いなくリストアップされるでしょう。


Ableton LiveLogic Pro XStudio OneBitwigのどれを使っていても、DAWのキーボードショートカットを覚えることは必須です。


Loopcloudをよく使うのであれば、アプリ内のキーコマンドをマスターしておくことは間違いありません。


パターンの保存からファイルのダウンロードまで、Loopcloudにはほとんどのアクションに対応するショートカットが用意されていますが、ショートカットがあった方がいいと思うアクションがある場合は、自分でショートカットを作成することができます。


この記事では、持っていると便利なショートカットを紹介し、Loopcloudで独自のショートカットを作成する方法を紹介します。



まだLoopcloudをお持ちでない方は、無料で試してみませんか?30日間の無料トライアルでは、400万以上のロイヤルティフリーサンプルの巨大なコレクションに、お金を払うことなくアクセスできます。また、サブスクリプションプランについては、こちらをご覧ください。


お気に入りのサウンドを保存する

Loopcloudでサウンドをブラウズしていると、とても気に入ったサンプルに出くわすことがあります。そのサウンドを後で保存するには、お気に入りに登録します。お気に入りに登録するには、サウンドの横にあるハートのアイコンをクリックしますが、より素早く作業を進めるためのショートカットがあります。



ハートボタンをもう一度クリックするか、次のショートカットを使用して、お気に入りからサウンドを削除することもできます。


オート・パターン・モードのリセット

サウンドを試聴すると、オートパターンモードで再生されます。つまり、短いワンショットの音は1拍ごとに、長い音はより多くの拍や小節にわたって規則的に再生されます。サンプルの長さやBPMを変更したり、カットしたり、エフェクトをかけたりすることができます。これにより、サンプルを入れ替えて、異なるサウンドでの変化を確認することができますが、オートパターンモードは無効になります。サンプルへの編集をリセットしてオートパターンを再度有効にするには、RESETボタンを押すか、以下のショートカットを使用してください。




パターンの保存

作成したパターンをプリセットとして保存し、いつでもすぐに使用できるようにすることができます。


保存されたプリセットは、「Patterns」メニューの「User Presets」にあります。また、パソコンのプリセットは以下の場所にあります。



Windows - C:Users\usernameAppData\Roaming\Loopcloud\loop_editor_sequences


Mac - [HardDrive]¬Library\Loopcloud\editor sequences



セッションでの作業

Loopcloudのパワフルな8トラックエディターは、様々なサンプルのレイヤーを構築し、サンプルを編集し、エフェクトを追加することができます。



メロディックハウス界のレジェンドであるRodriguez Jr.は、8-Track AttackビデオでLoopcloudエディタを使って何ができるかを実演しました。彼は、美しいメロディックハウスのループとワンショットが詰まったPolychromic Houseサンプルパックをリリースしたばかりです。彼のワークフローやキャリアについて、BeatportブログとLoopcloudブログの2回に分けてインタビューしました。



パターンと同様に、Loopcloudのセッションもキーボードショートカットを使って素早く簡単に保存できます。

使い方は:


また、ツールバーのメニューを探さなくても、以前に保存したセッションを素早く読み込むことができます。使い方は:



基本的な編集ショートカット

Loopcloudには、元に戻す、やり直すなどのアクションのための標準的なキーボードショートカットがたくさんあります。以下にそれらを紹介します。





使用するツールの選択

ショートカットで使用するさまざまなツールを選択できます。





ファイルのダウンロード

HQオーディオファイルを素早く簡単にダウンロードできます。Loopcloudアプリでファイルを選択し、以下のショートカットを使用してください。






タブの使い方

新しいサウンドを探しているが、現在作業中のタブを開いたままにしておきたい場合、このクイックショートカットで新しいタブを開くことができます。



タブ間をショートカットで移動することもできます。


タブの閲覧が終わったら、このキーコマンドでタブを閉じることができます。




プレーヤー

サンプルプレーヤーでは、いくつかの便利なキーボードコマンドを使って、再生、一時停止、ループ、ソロ、停止を素早く行うことができます。






環境設定

環境設定をすばやく開く方法を知っておくことは、おそらく最も重要なショートカットでしょう。ここでは、一般的な設定の調整、オーディオの入出力の変更、さらに「キーボードショートカット」タブでショートカットの全リストを見ることができます。





「キーボードショートカット」タブでは、独自のキーボードショートカットを作成することもできますが、その方法については後述します。


独自のキーボードショートカットの作成

Loopcloudの素晴らしい点は、独自のキーボードショートカットを作成できることです。Loopcloudの使用中に何度も行う操作で、既存のショートカットがない場合は、ショートカットを作成することで時間を節約できます。


ステップ1:環境設定でキーボードショートカットを見つける


まず、Loopcloudアプリで環境設定を開きます。開いたら、「キーボードショートカット」タブに移動します。ここには、Loopcloudアプリで実行できるほぼすべてのアクションのリストが表示されます。


すでにショートカットが割り当てられているアクションには、そのショートカットが表示されます。探しているアクションにまだショートカットがない場合は、次のステップに進みます。



ステップ2:プラスを押す



現在のショートカットがないアクションにショートカットを作成したり、既存のショートカットを上書きしたりするには、アクションの右側にあるプラスアイコンを押します。



ステップ3: ショートカットの作成


キーの組み合わせを確認するウィンドウが表示されます。使用したいショートカットを入力して、OKを押してください。これでキーコマンドの使用が可能になりました。


以上、Loopcloudアプリを使用する際に知っておくと便利なキーコマンドをご紹介しましたが、いかがでしたか??Loopcloudのプランはこちらからご覧いただけます。

0回の閲覧0件のコメント