top of page
検索

EMIKAが語るコミュニティ、クリエイティビティ、そして新しいサンプルパック

音楽家、プロデューサー、DJとして、鳴り響くベース、グリッチなビート、心に響くボーカルでシーンを活性化




音楽制作にも華やかさはなく、電話も通じないような音響の悪い場所で長いセッションを行い、最新トラックにふさわしいキックサンプルをテストするために、轟音のようなノイズが鳴り響くのです。

EMIKAがどのように朝を迎えたか、インタビューに答えてくれました。


「Loopcloudにある何千ものキックを見ながら、来年はどうやって新しいドラム・サンプルを作ろうかと、ひたすら考えました。

4時間くらいやってます、本当に頭がトレーニングされてる気がします。

来年はサウンドレーベルを作ろうかな!?」


Native Instrumentsでサウンドデザイナーとして活躍し、6枚のアルバムで高い評価を受け、エレクトロニックとネオクラシックの両分野で作品を発表しているアーティストによるサウンドレーベルは、魅力的な提案と言えるでしょう。このサンプルパックには、彼女が影響を受けたテクノ、ダブステップ、ベース、クラシック、ポストモダン音楽からインスピレーションを得たサウンドが多数収録されています。 EMIKAにインタビューしてみました。




もし、サウンドレーベルを作ることになったとしたら、実際はどうなんでしょう?


私たちのレーベルにはアーティストやプロデューサーがいますし、私が長年にわたって知り合ったサウンドデザイナーもたくさんいます。

彼らは皆、リモートで仕事をしていますが、自分たちのサウンド発表の場がないんです。

でも、この世界には新しいドラムが必要だと感じています。

音楽を聴いていると、同じような音がたくさんあって、それをみんな違う方法でコンプレッションしている。

いつも同じようなトーンなので、もっとクールなものを作りたいんです。 でも、ドラムマシンはレトロで古いものばかりだから、何から始めたらいいのかわからなく、一方、アコースティックなものから始めると、すぐにヒップホップ的なものに聞こえてしまうので、本当に難しいんです。

だから、まずはLoopcloudを徹底的に調べて、どんなドラムがあるのか見て、気に入ったものを選ぶことから始めました。

次は、ドイツのDIYハードウェアショップに行って、音作りのための釘や金属を大量に買ってくるかもしれませんね。



現在はBlack Forestに住んでいらっしゃいますが、以前はベルリンに住んでいたそうですね。

その環境の変化は、アーティストとしてどのような影響を与えたのでしょうか?


私が住んでいるのは本当に小さな村で、ここにいる人は皆、昔からここに住んでいるんです。ほぼ全員が農地を持っていたり、森で働いていたりして、家族的で組織的なコミュニティが形成されているんです。そのようなコミュニティに属していることはとても気分がいいし、私がファンやリスナーとどのように関わりたいかという地図のようなものでもあるんです。既存のプラットフォームに左右されることなく、自分のオンライン上でのあり方を考えるためのガイドのようなものです。


その点では、この小さなコミュニティから学んで、「ああ、これは自分にもできるかもしれない」と思ったり、「これはInstagramで別の方法でシェアできるかもしれない」と思ったり、距離を置くことができるのはとてもいいことだと思うんです。ナルシスト的な自己保存の文化から離れ、常にその中心にいるのではなく、刺激的なことを共有する方法を考えているところです。




都会で生活していると、そのような感覚はなかなか得られないと思いませんか?


私は長い間、様々な場所に住んで、そういったものを探し求めていました。都市というのは、どちらかというと衝動的な瞬間が多く、人々は絶えず行き来し、何かが有機的に結合するために一つの場所に長くとどまることはありません。まるで駅に住んでいるようなものです。


人々は常に街で次の何かを探していますし、私もそうしていました。でも、ある時点で立ち止まって、根を張り、人に安らぎを与えられるような人間になるのもいいことです。自分が常に助けを必要としたり、アシスタントやチームを必要としたりする必要はないのです。今、他のアーティストがレーベルでやりたいことを伸ばす手助けができるのは、とてもいいことだと思います。




創作意欲を持続させるために、学んだテクニックやアプローチ方法はありますか?


まだ多くのことを理解している最中です。

主に気づいたことは、しばらくの間、自分のしていることから距離を置いていなかったということです。

私は、 常にスタジオやツアーをすると世界の中で生きてきました。

その世界では、休み時間も常に考え、メールやインタビューをし、YouTubeでライブをし、技術やソフトウェアに追いつく必要があります。

私はアーティストであることにとても重きを置いていましたが、今は、ママであることや他のママと一緒にいることなど、他のことにもっと重きを置いていると思います。


最近、ママ友と遊びに行ったとき、シンセサイザーのことを話したら、それが何なのか知らなかったんです。

このようなことを知らない人たちがいることを知り、とても驚きました。私は10年間その渦中にいたので、他の人たちが私と同じ経験をしていないという事実について、あまり深く考えていませんでした。




サンプルパックを作る過程で何かサプライズはありましたか?


サンプルパックのために新しいものを作ろうと一生懸命になっていました。

そしたらLoopmastersの人たちが、昔のプロジェクトを見てみたらどうかと勧めてくれたんです。

というのも、私は何年も前から自信喪失に陥っており、様々な面で判断が鈍っていたからです。

昔のプロジェクトに目を通すことは、自分自身を批判しすぎて見捨てていた珠玉の作品に出会えるので、とても良いことだと思います。


私は自分の音楽でサンプルをよく使うので、サンプル・ライブラリーを作りたかったんです。

これまでサンプリングを積極的に活用し、他のプロデューサーからも素晴らしいサンプルをたくさんもらったから、何かお返しをしなければと思いました。

私の仕事は半分がサンプルベース、もう半分がシンセベースです。

私はピアノを弾くので、アナログ・シンセはもちろん、プラグイン・インストルメントも使います。

ドラムはいつもサンプルで、あとは全部自分で弾いたインストルメントで構成されています。




スタジオでお気に入りの機材はありますか?


たぶん一番気に入っているのはTube-Techのボーカル・プリアンプですね。

Tube-Techのマルチバンドコンプレッサーも持っているんだけど、これは複雑です。

このボーカル・プリアンプがとても気に入っているのは、スイッチを入れて、そこで何でも歌えば、素晴らしいサウンドが得られるからです。

本物のアナログバルブがあれば、お金を払うだけの価値があります。

プラグインでシミュレートできるのもいいですけど、スイッチを入れるとすぐにバルブウォームのアナログコンプレッションが得られるのは、本当に素晴らしいことだと思います。


新しいスタジオでは、アンプやリアンプの重要性、そしてすべてを減衰させない実際の空間があることが重要だと実感しています。

小さな箱のような音を出すだけなら、なぜ大きな部屋を持つ必要があるのでしょうか?

ベルリンの小さな場所で何年もプラグインを使って仕事をしてきたので、これからは時間をかけてアンプやキャビネットを使い、実際の部屋そのものと遊んでみようと思っているんです。


スタジオで制作した曲をライブに反映させるには、どのようにすればいいのでしょうか?

それを見いだすために、本当に長い時間がかかりました。

何年もDJをしたり、ひどいライブを経験したりもしました。

ミキサー付きで、パッドも弾けるし、ピアノもあるし、フットペダルもたくさんあり、AbletonとMIDIでセットアップされているArturia KeyLabが不要なストレスに直面する必要がなく魅力的です。


またJames Blake、Mode Selector、Nils Frahmなど、他の人たちがどのようにライブを行っているかを長い間見てきましたが、結局、バッキングトラックを演奏させるライブには限界を感じ、同時におかしくなってきました。

現在はドーム映像なども利用して、没入感のあるプラネタリウムショーをやっていて、私がそこにいて、私の声を生で体感してもらうようなことをやっています。

バッキングトラックでも即興演奏が多いです。



ベルリンなどのアンダーグラウンド・クラブで何年もDJをしていると、何をやるかだいたい決まってくるんです。

60分のセットでも、盛り上がれば「もう3時間やってくれ」と言われることもある。

また、ある曲を選んだら、それが大失敗だった場合、もう一度みんなを呼び戻さなければならないこともあります。

だから、私はミュージシャンとしてではなく、DJとしてライブ演奏や即興演奏を学びました。

クラシックを習っていた頃は、ライブ演奏はあまりしなかったのですか?


親の前ではピアノを弾くこともなく、完全に一人でやっていました。

自分のやっていることが他人に聞かれるのが嫌で、今でもあまり好きではありません。

だからスタジオが必要です!

逃げられる場所が必要なんです。

閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page