top of page
検索

2024年に必須のボーカル・プラグイン5選

新年を迎え、レパートリーに加える価値のある必須ボーカル・プラグインを改めてご紹介します。




ボーカルをレコーディングするにしても、ボーカル・シンセでプログラミングするにしても、Loopcloudのような高品質なサンプル・ライブラリーから調達するにしても、DAWに取り込んだボーカルを加工することになるのは避けられません。

ボーカルを微調整したり、変更したり、イメージを一新したりしたいのであれば、きっと役立つVSTツールが見つけられます。


音楽制作業界では毎年、ほとんど全てのプラグイン・カテゴリーで新たな候補が登場しますが、2024年も同じです。

この記事では、あなたのトラックにユニークでプロフェッショナルなボーカルを制作、ミックスするのに役立つ5つの必須ボーカル・プラグインを紹介します。




まずは、Excite Audioが最近発表したBloom Vocal Aetherを紹介します。

既存のボーカルに加工を加えるのではなく、サウンドを生成する唯一のボーカル・プラグインであるため、このプラグインはこのリストの中で他のものとは一線を画しています。

Excite AudioのBloom: Vocal Aetherは、魅力的で表現力豊かなボーカル・チョップやフレーズをプログラミングするための革新的なボーカル・プラグインです。


8つのボーカル・サウンド・バンクからキーとバンクを選択したら、MIDIキーボードやDAWの白鍵を使ってボーカル・モチーフをトリガーできます。

黒鍵は、チューニングやスピードなど、プレイバックのプロパティを変更するために使用できます。

さらにコントロールするために、4つのMacroコントロールが用意されており、300種類のパフォーマンス対応プリセットのどれを選択したかによって、異なるパラメーターとエフェクトに調整されます。




統合されたPhase Playerは、ボーカル・スニペットだけでなく、Bloomのシーケンサーとしても機能し、エフェクト・プロパティも使用でき、最も必要と思われるパラメーターにすぐにアクセスできます。

さらに掘り下げたい場合は、プラグインのEditページを開き、サンプラーに近い感覚で扱えます。

Editページでは、サンプルのスタートポイントやエンドポイント、再生方向など、各サンプルの再生プロパティを調整できます。

さらにディレイ、リバーブ、グローバル・エフェクトなどの内蔵エフェクトで、サウンドを仕上げることができます。

ポップからハウス、RnBからUKガレージまで、Bloom: Vocal Aetherは、あなたの作品にユニークで多様なボーカルを加える表現力豊かな方法です。




iZotope VEAは、人工知能を使って、あらゆるボーカル・レコーディングに洗練されたパワーと輝きを与えることができます。


iZotopeは言うまでもなく、NectarやOzoneのミキシング&マスタリングパッケージからRXのオーディオ修復ツールに至るまで、様々な用途のための包括的なオーディオ処理ツール群で知られています。


上記の幅広いツールは様々なオーディオ・タスクに対応するように設計されていますが、VEAは特にボーカル・ミキシングを対象としています。

たった6つのコントロールで、VEAは業界をリードするオーディオ処理能力を、シンプルでコンパクトなインターフェイスにまとめました。

iZotopeの技術者たちがVEAを開発する際に重視したのは、明らかに使いやすさでした。




Cleanノブは、iZotopeの定評あるソフトウェアを使用し、バックグラウンド・ノイズ、電気的なハムノイズ、ブレスなど、ノイズ・リダクションとオーディオ修復を信号に適用します。

Shapeノブは、声の全体的なトーンバランスを調整するために使用できます。

箱鳴りや鼻にかかったボーカルを瞬時に調整したり、高音域を引き出して開放感や存在感を高めたりできます。

Boostノブを使えば、ダイナミック・プロセッシングを素早く適用できるので、ダイナミックなボーカルをより豊かでプロフェッショナルなサウンドに即座に仕上げることができます。


VEAはiZotopeのAudiolensリファレンス・システムにも対応しているので、歌、ナレーション、ポッドキャストなど、お好みのリファレンス・トラックをVEAに送ることで、ボーカルの処理方法を指示することができます。




レコーディング、サンプリング、あるいはBloom.Vocal Aetherのようなプラグインでボーカルを生成した場合でも、ある時点でミキシングに集中することになります。

Vocal Aetherのようなプラグインでボーカルを録音したり、サンプリングしたり、生成したりしても、いつかはミキシングに集中することになります。

その時、このようなインテリジェントなボーカルミキシングツールがプラグインフォルダに入っていると便利です。


Vocal Enhancerは、ボーカルを分析し、望ましい音質を強調し、好ましくない音質を減衰させるように処理します。

このプラグインはNoveltechの特許出願中のIntelligent Adaptive Filtering (IAF)技術を利用しており、よりプロフェッショナルなサウンドのボーカルを簡単に得ることができます。

プラグインの背後にあるテクノロジーは複雑に聞こえますが、インターフェースは可能な限りユーザーフレンドリーに設計されています。




アナライザーウィンドウのHigh FilterとLow Filterの境界線を調整することで、選択した周波数範囲に処理を適用できます。

周波数範囲を選択したら、Enhancementダイヤルで処理の強さをコントロールし、Focus Frequencyダイヤルで処理の焦点をどこに合わせるかを指定できます。


Vocal Enhancerは、信号の周波数コンテンツとダイナミクスの両方に処理を適用するため、信号の音量が微妙に変化することがあります。

ゲイン補正モードをオンにすると、この変化が抑制されるため、最も大きな音量ではなく、最も良いサウンドに基づいて信号を調整することができます。




このリストの最後を飾るのは、ボーカルだけを意識して設計されたプラグインではありませんが、ボーカル・プロセッシングのツールボックスに追加するのに歓迎される機能を備えたプラグインです。


Minimal AudioのSwarm Reverbはクリエイティブなリバーブプラグインで、説得力のあるアーリーリフレクションやルームリバーブから、広大な空間のウォッシュまで、あらゆるものを作り出すことができます。




Swarm Reverbがボーカルに適している重要な機能の1つは、内蔵のダッカーです。

このダッカーにより、ドライ信号がウェット信号より常に優先されるため、ボーカル・リバーブをかなり大胆にかけることができます。

つまり、広大なリバーブ・エフェクトをかけた場合でも、ボーカルの明瞭度は保たれます。

また、インプットとディフュージョン・フィルターが独立しているので、ボーカル・リバーブの周波数成分をプロセスのどの段階でも調整できます。


さらに、アーリー&レイトの独立したリフレクション・アルゴリズム、リバーブ・アタック・コントロール、不自然さのないリアルタイム・モジュレーションを加えれば、Swarm Reverbは非常に有能で多目的なボーカル・プラグインとなるでしょう。





次のプラグインはヴォーカル専用ではないものの、次のヴォーカル・プラグインへの投資を考える際にチェックする価値のある様々な機能を誇ります。

昨年リリースされたRhodes V8 Proは、名高いRhodes MK8ピアノをサンプリングするだけでなく、そのアナログ・プリアンプとFX回路もエミュレートする入念に作られたプラグインです。

しかし、クラシックなアナログ・スタイルのエフェクトをRhodes以外に適用したい場合はどうすればいいの でしょうか?




Rhodes V-Rackマルチエフェクト・プラグインは、ドラムやシンセ、ギター、そしてもちろんボーカルまで、あらゆるソース信号にRhodesの特徴的なフレーバーを適用できます。

FXチェーンに入る途中には、3モードのDrive回路があり、シグナルにグリットと食いつき感を加えることができます。

さらに、エンベロープ・フォロワー付きの3バンド・パラメトリックEQで信号のトーンをシェイプし、Rhodesを象徴するVari-panエフェクトでパンをユニークかつ音楽的にモジュレートできます。


もう一方のチェーン・エンドには、VCAコンプレッサーとフェイザー、バケット・ブリゲード・コーラスとディレイが搭載されています。

このモンスター・マルチエフェクト・ユニットには、平坦なボーカルや静的なボーカルに興奮や色彩、風味を加えるために必要なものが全て含まれています。


よくある質問


ボーカル・プラグインとは何ですか?


簡単に言うと、ボーカル・プラグインとは、デジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)内でボーカルを作成、操作、加工するための音楽制作ツールのことです。

ボーカル・プラグインの中には、ボーカル専用に設計されたものもありますが、複数の用途に使えるものもあります。


ボーカル用プラグインには、イコライザー、ピッチ補正、コンプレッション、サチュレーション、リバーブ、ボーカルサンプラー、ノイズリダクションなどの機能があります。


  • ボーカルに使うべきプラグインは?

  • ボーカルに使うべきプラグインはいくつかの要素によります:

  • どんな音楽を作っているか

  • ボーカル・ミックスで達成しようとしていること

  • ボーカルの録音状態

  • ミックスする声のトーンとタイプ


ボーカル処理には様々な作業が含まれますが、ボーカルに使用する一般的なプラグインには以下のようなものがあります。


  • イコライザー

  • ピッチ補正

  • コンプレッション

  • サチュレーション

  • リバーブ

  • ディレイ


ボーカルに最適なプラグインの順番は?


音楽制作において、ボーカルの制作やミキシングに使うプラグインの順番に決まりはありません。

一般的には、ピッチ補正や減算イコライザーなどの補正処理から始めて、コンプレッションやリバーブなどの拡張処理を行うのが良いでしょう。

プラグインの順番を変えてみて、ミックスに最適なサウンドを試してみてください。


閲覧数:58回0件のコメント

Comments


bottom of page