top of page
検索

新世代の音楽制作ツール

サンプラー、シンセからプラグインまで、AIを搭載した最新の音楽制作ツールを探求し、画期的なプラットフォームをご紹介します。



従来、サンプラー、シンセ、プラグイン......これらすべてが、物理的なスペース、時間、予算をかなり圧迫していました。

しかし、あなたを責めることはできません。

音楽制作の世界では多くの新しいな技術的進歩があります。

私たちは、音楽制作とパフォーマンスのために、間違いなく最も先進的で、世界を変えるツールを探してきました。

新しいテクノロジーを使ったり、既存のテクノロジーをより実用的で魅力的な新しいインターフェースに取り入れたりできるこれらのツールは、あなたのワークフローへのアプローチを変え、クリエイティブなアウトプットの質を向上さ せると思います。

人工知能(Ai)を使った音楽制作ツールに興味があるなら、プロデューサーが今すぐ試すべきAIプラグイン10選や、ミュージシャンが知っておくべきAIサイト10選の記事もぜひチェックしてください。


Voice-swap



Voice-swapは、誰でもヴォーカル・ラインを書き、プロのヴォーカリストに演奏してもらうことが出来ます。

DJ FreshとNico Pellerinによって開発されたVoice-swapは、自分の声をトラックに乗せたくないプロデューサーやアーティスト、作曲家が、AIを使って自分の声を変化させることができるソフトウェアです。

Voice-swapにはプロのシンガーの声のライブラリーがあり、それを使って自分のトラックで演奏することができます。

デモを作るための音声を作ることもできるし、楽曲を商業的にリリースできるライセンスを購入することもできます。

これは、オリジナルのボーカリストに声の使用料を補償するという意味で素晴らしいことです。


Voice-swapのDeclan McGlynnは、このプロジェクトについてもう少し詳しく話してくれました。


「Voice-Swapは、人工知能の力を利用することで、誰でも自分の歌声を変えることができる画期的な新しいプラットフォームです。

私たちはプロのシンガーと協力してヴォーカル・モデルを作成し、ライセンスを得ており、使用されるトレーニング・データと最終的なアウトプットの両方が最高品質で、プロ・スタジオでの使用に適していることを保証します。」


「私たちは、アーティストや歌手に適切な報酬を与えるプラットフォームを作りたかったので、サブスクリプション収入の分配を半々にしています。

また、私たちは特注の透かし技術を提供し、すべてのアウトプットを特定のユーザーにさかのぼることができるようにしています。

その上、ユーザーが公式にリリースしたいものは、彼らがモデルを務めた歌手の承認を得なければなりません」 「このテクノロジーの創造的な可能性には目を見張るものがあり、使用例は膨大ですが、まずは適切なガイドラインを設けることが重要です。

そうすれば、作曲セッションやA&Rチームのデモ作成支援から、リモート・コラボレーションの変革、サンプリングやサンプル作成の全く新しい形の創造まで、この技術が音楽業界をどのように変えることができるのか、期待に胸を膨らませることができるでしょう」


Voice-Swapは、最高品質のモデルと、アーティストを第一に考えたAIへのアプローチの両方を提供し、私たちが信じる音楽制作の未来への流れを作ります。




Sonibleは、人工知能を使って多くのオーディオ・プロセッサーをレベルアップさせることで有名です。

彼らはすでに、smart:compとsmart:comp 2によるコンプレッション技術、smart:EQ 3によるイコライザー技術、smart:reverbによるリバーブ技術の進歩を手がけてきました。

さらに今年は、smart:gateでオーディオ・ゲートに目を向けました。


オーディオ・ゲートは、オーディオ・プロセッサーの中で最も魅力的なものではないかもしれません。

しかし、実はこれがゲートをイメージチェンジさせる最有力候補になっています。


smart:gateは、人工知能を使ってオーディオのインストルメントとボイス・エレメントを識別し、不要なエレメントを除外します。

ユーザーは、どのインストルメントを通過させたいかを設定することができます。

これにより、従来のゲートを通過してしまうことがあるドラムマイク間のカブリなどの問題が解消されます。




Sessionwire Studioは、ミュージシャン同士のコラボレーションを変える力を持った次世代スタジオです。


リモートワークは新しい常識となりました。

Zoom、Microsoft Teams、Google Workspaceのようなツールによって、世界中のどこにいても、自分の能力を最大限に発揮できるようになりました。

しかし、音楽制作はそうなっていない分野のひとつです。


リモートでの音楽コラボレーションを妨げるものはたくさんあります。

遠隔音楽コラボレーションの最大の問題は、おそらくテクノロジーだと思います。


ビデオ通話技術の限界は、音楽制作プロセスにおいて大きな問題となっています。

遠隔音楽制作が直面する最も大きな問題は音質です。

ビデオ通話は、通話がバッファリングするのを防ぐために、オーディオとビデオを圧縮します。

これは、プロフェッショナルなオーディオを録音する際に明らかに問題となります。


Sessionwireはこれを解決します。

音楽のプロのために設計されたスタジオ品質のオーディオストリーミングを備えています。

Sessionwireは本質的に、ライブビデオ、音声、テキスト、ファイル転送、ストレージ、HQ Audioのすべてを備えたバーチャルスタジオで、音楽コラボレーターのために特別に設計されています。

さらに、トークバックやライブストリーミングも可能です。


リモート・コラボレーション・ツールを探しているプロデューサーは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?




ステムセパレーションは新しいテクノロジーではありません。

ミックスダウンを分析し、その構成要素に分離することができるソフトウェアを、開発者は何年も前から世に送り出してきました。


しかし、これまでステムセパレーションツールは、リアルタイムでステムを分離することができませんでした。

その代わりに、オーディオファイルを処理し、構成するステムを別々のオーディオファイルとして出力する必要がありました。

しかし、Acon Digital Remixの登場により、その状況は一変しました。


Acon Digital Remixは、リアルタイムでステムを分離できる初めてのプラグインです。

DAWにWAVをロードし、再生ボタンを押すだけで、Remixは即座にファイルを5つの別々のステムに分離します。

ステムをリアルタイムでソロやミュートにしたり、ゲインを調整したり、セパレーションのレベルを調整することもできます。


これは、ステム・セパレーションの世界における画期的な進歩であり、作業手順をよりスムーズにします。

私たちは、他の開発者たちがこの技術を今後もエキサイティングな方向に押し進め、完璧なステム・セパレーションにますます近づいていくだろうと推測しています!(訳注:ステム・セパレーションは、ステムを5つに分離する技術です)




Mawfは、最先端のクリエイティビティを可能にするクールで小さなツールで、プロデューサーにこれまでにないサウンドへのアクセスを提供します。

Mawfは入力されたオーディオを分析し、そのオーディオを別のインストルメントとして再レンダリングすることができます。

これは、様々なインストルメントのモデルを使って行われます。


例えば、Mawfはボーカルをサックスに、ギターをトランペットに変えることができます。

また、インストルメント以外のレコーディングをMawfに入力し、それをインストルメントに変えることで、さまざまな創造性を発揮することもできます。

このようなテクノロジーを使って、これからもたくさんの実験や新しいサウンドが生み出されることを確信しています。


 

音楽テクノロジーは常に進化しており、音楽プロデューサーにとって非常にエキサイティングな時代となっています。

音楽テクノロジー、プロダクション・テクニック、サンプリングについてもっと知りたい方は、ぜひLoopcloud Blogをチェックしてください。

ここには、音楽制作とテクノロジーの様々な側面に関する記事が掲載されています。

Loopcloudのメンバーなら、最先端のテクノロジーの1つをぜひチェックしてみてください!


Loopcloud Soundsは、DAWにいながらにしてサンプルの検索、試聴、購入が可能な当社初のプラグインです。

これは非常に優れたプラグインであり、Loopcloudのメンバーシップをお持ちの方は無料でご利用いただけます。


FAQs

AIが生成した音楽は合法ですか?


はい、完全にAIによって生成された音楽は、一般的に言って、ライセンスを所有したりロイヤリティを支払ったりする必要なく、商業的に使用することができます。

米国の裁判所は、AIによって完全に生成された音楽は著作権で保護されないという判決を下しています。

しかし、AIは新しく最近の技術であるため、このような状況は変わる可能性があります。

また、ある音楽が保護され、許可なく使用することが許されない技術的な理由があるかもしれません。例としては、AIを使わずに人が部分的に作成したものであるとか、他の音楽の二次的著作物であるとかです。


ChatGPTを使って音楽を作ることはできますか?


ChatGPTはメロディーやコード進行、曲全体を生成する機能を持っています。

soundraw.ioのようなAI音楽サイトもあります。


AIは音楽プロデューサーに取って代わることができますか?


それはなさそうです。

AI革命は、プロデューサーが創造性と革新性の限界を押し広げるのを助けるツールを生み出しています。

AIは、より速く、より技術的なレベルで音楽を創作する人間の能力を向上させる可能性が高いと思います。

閲覧数:78回0件のコメント
bottom of page