top of page
検索

ミュージシャンが知っておくべき10のAIサイト

10のインテリジェントな Web サイトで、サンプルを探し、MIDI を作成し、インスピレーションを得よう。




クリエイティブ産業におけるAIは現在、ちょっとした岐路に立っています。

AI技術の新たな進歩の結果、ミュージシャンやその他のクリエイターに多くのエキサイティングな創造的・技術的可能性が開かれていることは間違いありませんが、人工知能がクリエイティブな専門家に取って代わるという考えは非常に現実的な恐怖です。


ミュージシャンを脅かしているのは、人工知能に取って代わられるという考えだけでなく、AIエンジンが他のミュージシャンの作品について学習された結果生じる、潜在的な著作権侵害でもあります。


AIが生成する音楽に対するスタンスがどうであれ、AIが音楽制作ツールに統合されることについては、まだ多くのことが語られています。

私たちLoopcloudでさえ、この流れに乗り、Jamahook AIサウンドマッチングをLoopcloudプラットフォームにインストールし、あなたが制作しているトラックに合うサンプルを提案しています。


このリストでは、ミュージシャンが知っておくべきウェブサイトを10個紹介します。

新しいものを作るのに役立つツールもあれば、ただ単に面白いものもありますが、いずれにせよチェックする価値はあります。


ミュージシャン向けAIサイト・トップ10



 


AIVAは、このウェブサイトで唯一、TEDトークで紹介されたツールです。

AIVAは、歴史上の偉大なアーティストの何万もの楽曲で学習し、これらのトラックを理解した上で楽曲を構築する方法を習得しました。


AIVAを使えば、様々なジャンルの曲を作ることができます。

AIVAは、キー情報、インストルメント、楽器のスタイル、テンポの幅などを選択し、それらのプロンプトを使用して最大5つのトラックを生成し、選択することができます。




とてもクールな機能のひとつは、あなたがインスピレーションを受けた曲のオーディオファイルをアップロードして、AIVAがリファレンス・トラックとして使用できることです。

プロンプトごとに異なるトラックをアップロードすることもできる。例えば、曲のキーとコードを決定するためにリファレンス・トラックをアップロードし、ドラムのサウンドに影響を与えるために別のトラックをアップロードすることができます。


AIVAのもう一つの素晴らしい点は、トラックの使用とダウンロードが完全に無料だということです。

あなたが作成したトラックに商用ライセンスが必要な場合のみ、お金を支払う必要があります。 Google MusicLM


Google MusicLMは現在、一般ユーザーが使用できるツールにはなっていませんが、このプログラムの能力を実証した研究論文は、AIと音楽の世界に興味がある人にとって魅力的な内容となっています。


彼らの言葉を借りれば、Google MuscLMは「"歪んだギターリフに裏打ちされた落ち着きのあるバイオリンのメロディ "のようなテキスト記述から忠実度の高い音楽を生成するモデルであり、数分にわたって一貫性のある24kHzの音楽を生成する」。





しかし、MusicLMはテキスト以外にも音楽を生成することが可能です。

彼らはまた、古典的な芸術作品とテキストの説明をアルゴリズムに与え、その結果得られたサウンドは、対応する作品に非常によくマッチしています。


特に、エドヴァルド・ムンクの『叫び』とアンリ・マティスの『ダンス』に対応する音声を聴くことをお勧めします。



Musioo Tagは、自分の音楽ライブラリを整理してタグ付けしたいDJやカジュアルな音楽愛好家にとって素晴らしいツールです。

曲をドラッグするか、SoundcloudのURLをMusioo Tagサイトに貼り付けると、タグを分析して生成してくれます。


これは1曲だけなら便利ですが、実際にはそれほど役に立ちません。

Musiooの本当の威力は、大規模な音楽ライブラリにタグを付けたいときに発揮されます。




MusiioのCEOであるHazel Savage氏は、同社のウェブサイトで次のように語っています。


「1曲のタグ付けなら、自分でやれば10分でできる。1日で10,000曲のタグ付けをしたいのなら、AIにやらせればいい」。



ステム・セパレーションは、音楽制作の分野では以前から存在していました。

興味深い技術ではありますが、そのサウンドは決して素晴らしいものではありませんでした。

iZotope RXHit'n'Mix RipXのようなツールは、30年前のダン・シモンズの小説に出てきそうな方法でボーカル、ベース、ドラム、その他の楽器を分離することができますが、分離されたステムは常に不快な不自然さに悩まされます。


さらに、あなたが音楽プロデューサーでない場合、2つのプログラムのインターフェイスを理解するのはかなり難しい。


そこで、Audio Shake Indieのようなツールの出番です。




Audio Shake Indieは、エリカ・バドゥのトラックからボーカルをリッピングして、ダーティなブートレグを作りたいプロデューサーのためのツールではありません。

実際、Audio Shake Indieは、著作権で保護された素材が含まれていると検出されたトラックを分離することを許可しません。


これは見方によっては賛否両論ですが、ミュージシャンの知的財産権を保護していることは間違いありません。


ステムセパレーションもすばらしく、ステムセパレーションの結果よく発生するデジタル的に歪んだ不自然さがなく、キレのあるドラムとクリーンなボーカルが得られます。

もしあなたが、収入が得られる可能性のあるライセンス契約の世界に入りたいと考えているアーティストなら、これは素晴らしい選択肢となるでしょう。


OpenAIは、テキストベースのAIエンジンChatGPTで有名ですが(まだ遊んだことがなければ、ぜひお勧めします)、有名ミュージシャンのような歌声を生成する能力を持つJukeboxという音楽生成プログラムも持っています。

OpenAIのウェブサイトにあるJukeboxのページをスクロールして、「エルヴィス・プレスリー風のロック」、「ケイティ・ペリー風のポップ」、「フランク・シナトラ風のクラシック・ポップ」を聴いてみてください。




これらの歌声は現在のところ確かに不自然の谷にはいるものの、紛れもなく本物そっくりの歌い手であり、バックトラックもそのアーティストに合っていると評価することができると思います。



もし違法な海賊版を作りたいなら、Sampletteはうってつけのツールということができます。

この便利なウェブベースのツールは、YouTubeからヒップホップやダンストラックとして最適なトラックを探し出してくれます。

ウェブページの下にあるシャッフルボタンを押すと、Sampletteが数十年分のクラシックトラックを提供し、またこれまでに再生した曲はすべて保存されます。




Sampletteが提供する各トラックには、年、キー、ジャンル、レーベルなどのメタデータがあります。

これは参照するのに便利で、Sampletteが提供するトラックの種類を絞り込むことができます。


この素晴らしいサイトで5分も過ごせば、きっと何かインスピレーションを与えてくれるものが見つかるはずです。


もちろん、Sampletteで見つけたサンプルを使って作った音楽は、ロイヤリティーフリーではないため(クリアしない限り)、商業的にリリースすることはできませんが、インスピレーションの源として、またはただ楽しむには最適です。


ロイヤリティフリーのサンプルをお探しなら、Loopcloudをご利用ください。



A.V. Mappingはミュージシャンのためのツールではありません。

どちらかというと、映像制作者がプロジェクトのために音楽を探すためのものです。

しかし、ミュージシャンにとって興味深いのは、ビデオプロジェクトで使用する楽曲を販売する市場を作曲家に提供している点です。




理論的には、A.V Mappingを通じて作品を販売する利点は、あなたの音楽が評価されたり、音楽ライブラリーの検索結果で上位にランクされたりすることに左右されないことです。

その代わり、あなたの音楽が個々のプロジェクトに適しているかどうかだけが重要です。



もう一つのテキストベースの音楽生成ツール、Riffusionの利点はその楽しいインターフェースです。

テキストベースのプロンプトはエンドレスで表示され、過去の作品をクリックして聴くことができます。

現在再生中のトラックは、サイトの左側に3次元スペクトログラムとして表示されます。




Riffusionで作られた曲を商業プロジェクトで使うのは難しいかもしれません。

しかし、楽しく使える音楽ジェネレーターであり、AIの可能性に興味のあるミュージシャンはチェックする価値があると思います。



最後に、AIによって制作された商用利用可能なトラックを購入したい場合、AI音楽ジェネレーターAmper Musicによって制作された音楽のライセンスを販売しているShutterstockがあります。


Amper Musicは、平均的な人間の作曲家よりもはるかに多作で、10万曲以上がダウンロード可能です。

これはおそらく、AIによる音楽制作のより罪深い側面であるかもしれません。




趣味で音楽を聴く場合、人間は常に他のアーティストが制作した音楽を楽しみますが、商業的なコンテンツ制作の世界では、AIベースの音楽は私たち自身の能力をあっという間に凌駕してしまうかもしれません。


Amper Musicの音源は通常、他の音源よりも安価であり、AIが作り出すことができる膨大な量のトラックは、ビデオ制作などで他の誰かと同じトラックを使用する可能性が非常に低いことを意味します。



Jamahook AIは、人工知能を使用してミュージシャンのスキルと創造性の向上を支援する革新的なツールです。

このパワフルなテクノロジーは、音楽パターンを分析し、新しいアイデアを生み出すことができるため、自分の技術を次のレベルに引き上げたいミュージシャンにとって欠かせないツールとなっています。


Jamahook AIの利点の1つは、ミュージシャンが新しいメロディーやコード進行を生み出すのを助ける能力です。

既存の音楽を分析し、共通のパターンを特定することで、AIは独創的で音楽的に優れた新しい音楽のアイデアを生み出すことができます。

これは、新しいアイデアを思いつくのに苦労しているミュージシャンや、創作のマンネリ化を打破したいと考えているミュージシャンにとって、非常に役立つものです。




Jamahook AIがミュージシャンに貢献できるもう一つの方法は、演奏の分析と改善をサポートすることです。

演奏の音源を分析することで、AIはミュージシャンが改善すべき点、例えばタイミングやピッチの正確さなどを特定することができます。

これは、自分のスキルを磨き、演奏を次のレベルに引き上げたいと考えているミュージシャンにとって、非常に価値のあるものです。


音楽制作の世界におけるエキサイティングな発展のひとつは、Jamahook AIテクノロジーがLoopcloudに統合されたことです。

Loopcloudは現在、ユーザーの好みや検索履歴に基づいてAIがサンプルを提案する "Inspiration "という新機能を提供しています。

この機能は、ミュージシャンが他の方法では見つけられなかったかもしれない新しいサウンドやアイデアを発見するのに役立つことができます。




Jamahook AIはサンプルを提案するだけでなく、サンプルのキーや テンポも分析できるため、ミュージシャンはハーモニーやリズムが合うサンプルを見つけやすくなります。

これにより、ミュージシャンはサンプルを見つけてマッチングさせるまでの時間と労力を大幅に節約することができます。


全体として、Jamahook AIテクノロジーのLoopcloudへの統合は、ワークフローを合理化し、新しいアイデアを発見したいミュージシャンにとって画期的なことです。


FAQs


ミュージシャンのAI利用率は?


音楽業界におけるAIの存在感は、近年急速に高まっています。

新しい調査によると、調査対象となったミュージシャンの60%近くが、音楽制作にこのテクノロジーを利用していることがわかりました。

AIが音楽ソフトウェアやDAWの一部として長い間使われてきたことを、人々は忘れがちです。

オーディオ・タイム・ストレッチのような処理には、複雑な計算を処理するためにAIアルゴリズムが使われていることが多いのです。


ミュージシャンはAIをどのように使っているのか?


音楽へのAIの統合は、作曲、ミキシング、マスタリング、さらにはインストルメントやヴォーカルの再生を支援することで、音楽の作り方に革命をもたらしました。

音楽におけるAIの利点は?


AIは、複雑なボーカルのピッチングやステムの分割など、より極めて技術的な作業にミュージシャンが使用することができます。

AIを使うことで、この作業をより安く、より速く行うことができます。



閲覧数:27回0件のコメント
bottom of page