top of page
検索

Nite Fleit、サンプルパック「Acid Electro」、ライターズブロックの回避、コラボレーションがインスピレーションをもたらす理由

クリエイティブな仕事とプロダクションの管理は、どのように分けているのでしょうか?オーストラリアの音楽プロデューサーは、その秘訣をマインドマップとより良いセルフリサーチにあるといいます。




オーストラリア出身でシチリアを拠点とするNite Fleit(別名Fleitsy)は、洗練されたDJセットとジャンルを融合したオリジナル作品でクラブ・サーキットを熱狂させ、独自の妥協を許さないサウンドを育んできました。 Nite Fleitのサンプルパック、Acid Electroは、ジャンルを超えたダークでヒプノティックな音源を提供します。 このサンプルパックはLoopmastersで購入することができ、Loopcloudを利用してDAWで試聴することもできます。




Nite Fleitは、長年にわたって培ってきたクリエイターとしての特異性を生かし、エレクトロやテクノのエリートたちの注目を集め、 Steel City Dance Discs、 Return to Disorder、 Planet Euphorique、 New Flesh、 Unknown To The Unknown、 International Chrome、 Acid Avengersからリリースされ、最近では彼女自身のレーベル、 Atomic Alertからも自身のリリースに加え、彼女が敬愛するアーティストや様々なコラボレート作品を発表する場として機能しています。


そして 2022年、デビューアルバム「Day Fleit / Nite Fleit」をリリース。

このアルバムでは、対照的な感情状態や新しいサウンドの領域を探求し、アーティストが得意とするクラブ中心のサウンドと、よりメロディックでエモーショナルな要素を融合させています。


アルバムのコンセプトはどのように生まれたのでしょうか、二部構成になっていますが。


コヴィッドでライブができなくなったとき、サウンドデザインや音楽理論の実験に時間を費やし、コード進行やもっと遊び心のある、いわゆる「きれいな」アルペジオパターン、そして自分の気持ちを反映した話し言葉のサンプルに興味を持つようになりました。



Image: Liam Oz


その間に70曲ほど作ったのですが、片面がNite Fleit、もう片面がDay Fleitというリリースは以前から考えていたものの、作業中は考えていませんでした。

それが完成してからは、そのコンセプトをアルバムにすることに意味があると思いました。


Day Fleitでは、軽快で繊細、柔らかな感情の波が混在し、Nite Fleitでは、その感情を荒々しいメロディーと荒々しい強さで解放していきます。

アルバムのサウンドデザインの意図は、それぞれの楽曲に固有の物語を伝えることでした。



儚げな音とインパクトのある音、この2つを聴き分けることができます。

この2種類のサウンドを探求するために使用するツールに大きな違いはあるのでしょうか?


2つのスタイルに大きな違いはありません。

主にOmnisphere 2、Reaktor、Phoscyonを基本的に全てに使っています。

OmnisphereとReaktorには無限の可能性があり、特にReaktorのユーザーライブラリーからシンセやエフェクトをダウンロードすることができるからです。

Reaktorで一番使っているシンセはMonarkとRazorで、Analogic Filter BoxとCyanのエフェクトが好きです。

アシッドを作るときはいつでもPhoscyonを使っています。

キックはいつもKick 2で合成していますし、Decapitatorを使わないものはないでしょう。

制作を始めたばかりの頃は、MS-20やTR-8、303などのハードウェアも使っていましたが、Push 2でソフトシンセを使うのが大好きです。




過去にいくつかのコラボレーション・プロジェクトに携わったことがあるようですね。 コラボレーションは、あなたのクリエイティブなプロセスにおいて価値あるものだと感じていますか? また、他の人との共同作業から学んだ有益なことは何でしょうか?


そうですね、才能豊かで素晴らしい友人がたくさんいることにとても感謝していますし、コラボレーションも大好きです。

人とのコラボレーションで一番好きなのは、各自が自分の強みを生かして、最終的なトラックに、一人では決してできないようなものを与えることです。

私が作ったトラックで、誰かがどんなことができるのか、あるいはその逆ができるのかを知ることができます。


コラボレーションのもうひとつの利点は、脳を活性化させることができることです。

与えられた曲を聴くと、とてもインスピレーションが湧きますし、生産性が上がると思います。

私が学んだ有用なことは、ビッグサウンドを実現するために必要なトラック数がいかに少ないか、ということです。


これまで、作家としての課題、あるいは生産性を維持することに悩んだことはありますか?


教育プラットフォームで仕事をしていたときに作ったドキュメントがあるんですが、これは音楽に取り組むときの自分の脳へのアプローチの仕方の指針のようなものです。

マインドマップで、「インスピレーションを感じる」「インスピレーションを感じない」の真ん中で分かれていて、インスピレーションを感じないときにするタスクとして、音楽管理、MIDIパターンの作成、X/Y/Zの本を読む、などのメモがたくさんあります。


そのおかげかどうかはわかりませんが、昨年末には、「自分は幸せすぎて音楽が書けないのではないか」と不安になるほどのライターの悩みも経験しました。

でも、結局、取り組んでいたEPを完成させ、それを聴き返して、自分にはまだ才能があると再確認しました!




それは、インスピレーションが手の届かないところにあるときに、生産性を維持するための本当に良い方法だと思います。

そのきっかけとなった教育プラットフォームについてお聞かせください。


パンデミック(世界的大流行)の際、私は、自分が有益だと思ったヒントやテクニック、時間節約ツールを他の人と共有する方法を考え、最終的な目標は、自信や創造性、モチベーションを高め、自分なりの効果的な働き方を見つけるよう他の人を刺激することにありました。


私が使っているSyntorialというゲーム感覚のトレーニングソフトには、プログラミングパッチを実際に体験したり、耳を鍛えたりする素晴らしいレッスンがあるのですが、そのような分野のもので、よりインタラクティブなものにしたいと思っています。

長期的な目標ですが、数年かけてやっていこうと思っています。


あなたは以前、夜型人間であると話していました。そのことは、コラボレーションや制作そのものにどのような影響を与えるのでしょうか?


イタリアに移ってからは、ロンドンにいたときよりも夜更かしをしなくなりました。

なぜなら、イタリアはとても美しいので、昼間に起きていたいと思うからです。

ロンドンにいたときよりも、外に出ることが多くなりました。でも、リモートでコラボレーションする場合は、ステムをやり取りするので、昼も夜も関係ないと思うんです。


ただ、私のクリエイティブ・アウトレットは時間帯に影響されると思います。

夜間に仕事をすると、中断されることが圧倒的に少ないので、何時間もフロー状態に入りやすくなるからです。

今は、仕事中は携帯電話を別の部屋に置き、コンピューターのWi-fiをオフにすることでそれを実現しています。

しかし、早起きして、家の周りの素晴らしい通りや丘の上を歩くと、頭がすっきりして、家に戻って仕事をするときに活力と創造力を感じることもできるのです。




制作プロセスについてですが、制作のアプローチ方法はかなり規則的なのでしょうか?

それとも、もっと流動的で実験的なプロセスなのでしょうか?


何をするにしても、常に区分けしています。

数時間、1日、1週間かけてサウンドデザインに集中することもあれば、1週間かけてMIDIでコード進行やアルペジオパターンを作り、それを整理しておいて、Abletonでセッションモードにしたときにセッションに引き出せるようにしておくこともあります。


さっき言ったようなシステムを使っているので、プロデュースするときに、たくさんのツールを組み合わせて試すことができます。

それは素晴らしいことですよ!


あなたの仕事のやり方は、明らかにクリエイティブな方程式を完成させていますね!今現在はどんなことに取り組んでいますか?


ある特別なレーベルのEPを完成させたばかりで、発表されるのが楽しみです。

また、自分のレーベル「Atomic Alert」の再始動に向けて、3つのリリースを予定しています。

この数ヶ月で取り組んでいるのは、ハイブリッドセットで、ビジュアルプログラミングの方法を学んでいるところです。

だから、実はたくさんあるんです! Acid ElectroはLoopmastersLoopcloudで発売中です。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page