top of page
検索

Flowdan、Skrillex & Fred Againとの「Rumble」と新作「Writer Blocks」サンプルパックについて

MCでありプロデューサーでもある彼が、自身の代表曲がどのようにして生まれたのかを語ってくれました。



20年以上前にドラムンベース界でMCとしてキャリアをスタートさせた Flowdanは、その後グライムの創世記において重要な役割を果たしました。

尊敬すべきグライム・クルー、ロール・ディープの立ち上げに貢献したイースト・ロンドンのアーティストは、このジャンルの始まりから現在に至るまで、その歩みの一端を担ってきました。



Roll Deepとの数々のリリースに加え、ソロ・キャリアも目覚ましい長寿を誇るFlowdanは、MC、プロデューサーとして多大な影響力を持ち、現在最も有名なグライム・アーティストの一人として、その地位を確立しています。

Jah Warのようなグライムやダブステップの名作から、ジャンルを超えたRumbleまで、Flowdanの独特の音色はどこで聞いてもそれとわかります。


今回はFlowdanに、彼の代表的なトラックにまつわるエピソード、生産性の維持、他のクリエイターとの仕事、そしてもちろん彼の新しいサンプルパック「Writer Blocks」について話を聞きました。


Flowdanは、The Bugとしても知られるKevin Martinとの初期のコラボレーションを懐かしそうに話し出しました。

約15年前、彼らはFlowdanの一目でわかるパトワ語の歌詞をフィーチャーしたダブステップの名作、Skengを作曲、プロデュースしました。

彼は、この曲から多くのものが生まれるとは思っていなかったと語っていました。

彼らは、自分たちが楽しむためにスタジオで遊んでいただけで、Skengのような大規模なものを作ろうとは思っていなかったのです。

FlowdanとKevinは現在も一緒に仕事を続けており、Jah Warや2020年のPressureなど数多くのヒット曲を一緒にリリースしています。




ここ数ヶ月、意識的に音楽を聴いていれば、Fred Again、Four Tet、そしてFlowdanをフィーチャーしたSkrillexのRumbleを耳にしたことがあるはずです。

このハイエナジーなグライム/ダブステップ/ベースのクロスオーバーは、ここ最近いたるところで話題になっていますが、それも当然です。

最先端のプロダクションとFlowdanのハードなヴォーカルが組み合わさることで、このトラックは完全に独自の雰囲気を生み出しています。


このトラックは5年ほど前、Fred AgainとFlowdanのスタジオ・セッションで生まれ、FredがSkengを気に入っていたことから共通の友人によってセッティングされました。

一緒に他のトラックをいくつか作った後、Fredは自分が取り組んでいたものをFlowdanに見せました。


「ステップ1から始めて、そこからやってみよう。 ユニークであること、そして怖がらずに休息を持つことだ。」


Fred AgainがSkrillexにこのトラックを見せたのは、その1年後のことでした。

Skrillexはこのプロジェクトに彼自身の創造的なヴィジョンを加え、出来上がったトラックは、Fred Againの人気のあるBoiler Roomのセットで有名になりました。


曲作りのアプローチについて、Flowdanは、スタジオでの2日間が同じであることはなく、自分のアプローチに自由な心を持つことが重要だと強調しています。

自然に出てくるアイデアもありますが、彼の場合、特定のアイデアを持ってスタジオに到着すると、かえって創造性を妨げてしまうことがあると言います。

FlowdanはLoopcloudをインスピレーションの主な源として挙げており、トラックの残りの部分を構築する土台を作るために頻繁に使うリソースだと言っています。



MCとして有名なFlowdanですが、プロデュース能力の向上にも多くの時間を費やしてきました。

彼は、レコーディング・ブースだけでなく、音楽を制作する側に立つことで、最終的な作品に自分のサウンドをより浸透させることができると強く信じています。

Flowdanがコラボレーションから多くのものを得ていることは明らかですが、常に他人のビートに頼っていては、物事が陳腐化してしまう可能性があります。

そうではなく、自分でインストルメントを制作することと、他人を使うことのバランスをうまくとることで、彼は物事を面白く保つことが できます。


絶え間ないハードワークが成功への究極の鍵だという話をよく耳にします。

人によってはそうかもしれませんが、Flowdanの考え方は少し違います。

彼は、コンピューター画面の明るい光から離れ、自分の足を置いて一息つき、自分自身を大切にすることの重要性を強調しています。

「休んではいけない」という考え方にとらわれがちですが、時には十分な休息をとることで、長期的にはより生産的な環境を育むことができるのです。





Flowdanのアーティスト、プロデューサーとしての豊富な経験は、彼独自のサウンドに磨きをかけることを可能にし、そのサウンドをLoopcloud専用の新しいWriter Blocksサンプル・パックとして皆さんにお届けします。

インパクトのあるドラムのワンショットから、うなるようなベースライン、不気味なリードやテクスチャーまで、このサンプルパックには、自分のグライムやダブステップを一から書くのに必要なものが全て含まれています。

閲覧数:132回0件のコメント

Comments


bottom of page