top of page
検索

303の日とは? なぜローランドTB-303の功績を祝うのか?

シンセサイザーとそのアシッド・トーンが伝説となった理由を解説




ローランド・コーポレーション、通称ローランドは、今日最も有名で広く使われている楽器のいくつかを手がけています。

ローランドというブランドと同じような伝統を築いているメーカーはほとんどありません。

確かに、コルグは伝説的なシンセサイザーを作っているし、ヤマハはもっと有名かもしれないが、どちらもローランドのようにジャンルの進化に貢献したとは言われていなかった。




Roland TR-808はヒップホップのドラム(特にバスドラム)を変え、TR-909はハウスとテクノのドラムを変え、TB-303はアシッド・ハウスという全く新しいジャンルを生み出しました。

この記事では、303の日について知っておくべきことをすべて紹介しようと思います。


303の日とは?


303の日(303 Appreciation Day)とは、ローランドTB-303に毎年敬意を表する日です。

もしあなたがアシッド・ハウスの愛好家であったり、オリジナルであれクローンであれ、TB-303を所有しているのであれば、このような記念日は必要ないでしょう。


なぜ303の日を祝うのか?


Roland TB-303は、現存するシンセサイザーの中で最も有名なものではありません。それは、その音の響きが、長年にわたって現代音楽のサウンドを変えてきたことにちなんでいます。

そして、その名前が3月のある日付と一致しているからです。


303の日はいつ?


303の日を祝うなら、タイミングを間違えないようにしたい。

インターネット上では、303デーは3月30日に祝われるという誤解があるようだが、実際には303デーは3月3日です。

この混同は、米国と英国の日付フォーマットの違いによるもので、米国では3月3日、英国では3月30日となっています。

いずれにせよ、303デーは毎年3月3日に祝われます。




303の日には何が行われるのか?


正直なところ、私たち音楽ファンでさえも、普段のスケジュールとあまり変わることなく仕事をこなすことができます。

毎年同じ日にTB-303を祝うことで、音楽への貢献を認識し、その40年の歴史の中で重要な功績を残したTB-303を思い起こすことができるのです。





TB-303シンセとは?


ローランドTB-303は、1981年から1984年のわずか3年間だけ発売されたモノフォニック・アナログ・ベース・シンセサイザーです。

TB-303の特徴は、豊かでダイナミックなハーモニック・コンテンツとともに、独特のトーンです。




当初はベース・ギタリストの代わりとして設計されたが、コンパクトなシンセのサウンドと操作性は、この用途には適していないことがすぐに明らかになった。

その代わり、TB-303を初期に採用した人たちは、このシンセを使って、作品にユニークなスタイルのベースを加えたり、高音域で演奏したときのリード・サウンドを加えたりすることができることに気づきました。


TB-303は何台作られたのか?


今でこそ多くのファンを持つローランドTB-303ですが、発売当時はどう考えても商業的には失敗作でした。

ローランドは、このシンセをバンドのベース・ギタリストの代わりとして開発し、販売しました。

新しいインストルメントを手にしたミュージシャンは、そのサウンドがベース・ギターと似ても似つかないことを知り、評判は良くありませんでした。

そのため、初代TB-303は1984年にわずか1万台が生産されただけで製造中止となりました。


ローランドがTB-303の生産を中止したにもかかわらず、その人気はアシッド・ハウス・シーンと並行して高まり、供給を上回る需要が生まれました。

オリジナルの303が製造中止になって以来、Mode Machines、DINSync、Abstrakt Instruments、Behringerなどのメーカーが、シンセの名作を手に入れるチャンスに飛びつきました。

そのため、303のクローンが中古市場に出回っており、オリジナルよりもかなり安価で手に入れることが可能となっています。


Roland TB-303の著名なユーザーは?


発売当時、Roland TB-303のサウンドは飛ぶように広まり、音楽シーンのあちこちに登場した。

オレンジ・ジュースはポップ・ヒット『Rip It Up』で303を使用し、ダフト・パンクは『Da Funk』のBセクションに303のシーケンスを加え、ティンバランドはアリーヤの『Try Again』のベースラインをプロデュースする際に303を使用しました。




Roland TB-303の著名なユーザーには、Charanjit Singh、DJ Pierre、Josh Wink、New Order、Richie Hawtin、Fatboy Slimなどがいます。


TB-303を使用した有名なトラックは?


TB-303をプロダクション・ツールとして使用したトラックは数多く存在します。




アシッド・ハウスとは?


アシッド・ハウス(Acid House)とは、一般的に "Acid "と呼ばれ、Roland TB-303やそれに似たシンセを使い、特徴的なベースやリードを作り出すハウス・ミュージックを指します。

ハウスのカテゴリーに入る楽曲は、一般的に4/4のキックパターンを持ち、テンポは115bpmから130bpmで作られています。

アシッド・ハウスは、シンセサイザー・サウンドと反復的なドラム・パターンが特徴で、80年代後半から90年代にかけてナイトクラブで広く流行しました。




アシッド・ハウスは比較的ミニマルなデザインであるため、TB-303はプロダクションの中心的な役割を果たします。

ローランドのオリジナルTB-303を使わなくても、正式にはアシッド・ハウスと分類されています。

303のクローンやレプリカ、ソフトウェア・エミュレーションが市場に出回っており、ハードウェア・クラシックのような価格帯でなくとも、オリジナルと同じトーンと使い勝手が提供されています。


伝説の303サウンドを手に入れるには、Loopmastersのサンプル・パックThree Zero Threeをチェックすると良いでしょう。これは、伝説的な303シンセサイザーと、その数々の派生モデルやクローンをフィーチャーした、アナログ・アシッド・オデッセイの決定版です。


TB-303のアシッド・スタイルのサウンドはどのようにして作られたのでしょうか?


ローランドのTB-303はオシレーターが1つで、ノコギリ波か矩形波に設定できます。

これは制限されているように見えるかもしれませんが、実際にはそれほど問題ではありませんでした。

クラシックな303サウンドの多くは、シンセのフィルター回路と内蔵シーケンサーによるものである。

オクターブあたり24dBのローパス・フィルターは、カットオフ周波数とレゾナンス・ノブでコントロールできましたが、フィルター・エンベロープとアクセント・コントロール・ノブによって、プロデューサーは本当にクリエイティブになりました。


複雑ですがパワフルなシーケンサーとフィルターの微調整を組み合わせることで、進化するベースラインや他にはないリードサウンドを素早く簡単に作ることができました。

シーケンサーのアクセント・ステップとスライド・ステップを使えば、音楽的なトレーニングをほとんどしなくても、ダイナミックで説得力のあるシーケンスを書くことができます。


本物の303サウンドを手に入れるには?


結局のところ、303のクラシカルなサウンドを得るには、ヤフオクやメルカリのような中古マーケットプレイスでオリジナルを手に入れるのが一番です。

悲しいことに、多くの人は40年前のシンセサイザーに高額のお金をかけることはできません。

ありがたいことに、本物の303サウンドを手に入れる(より財布に優しい)方法は他にもあります。

TB-03は、ローランドのブティック・シリーズからTB-303をミニサイズにリメイクしたもので、TB-3はオリジナルのモダンな解釈で、新しい美学とタッチスクリーンを備えています。




ベストTB-303 VSTプラグイン


ソフトウェアがお好みであれば、プラグイン・エミュレーションも多数用意されています。

D16 GroupにはPhoscyon 2、ArturiaにはAcid V、Audio BlastにはAcidBox V2、Applied Acoustic SystemsにはUltra Analog Sessionがあります。

このように、Roland TB-303のオリジナル・サウンドのエッセンスを、ソフトウェアの実用性と価格帯で実現したい人には、多くの選択肢があります。


TB-303のサンプルはどこで手に入りますか?

Loopmastersには、様々なインストルメント、スタイル、ジャンルをカバーする何千もの高品質なロイヤリティーフリーのサンプルパックが揃っていて、Blind Audio、Resonance Sound、UNDRGRND SOUNDSなどのアシッドハウスサンプルパック専用のページもあります。






Loopcloudでは、独占303コレクションの膨大なカタログを用意しています。


Loopcloud 303 Acid Bass - 悪名高き303のスリッピーなベースライン。

Ztekno Acid Techno World - 本物のアシッド・ミュージックの真の愛好家とプロのための厳選されたサウンド・コレクション。

Blind Audio Transistor Basslines - ハードモジュレートされた、クラシックな高音質のアシッド・スケルチサウンド!

あなたのアシッドトラックをスタートさせるために、これらのコレクションをお勧めします。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page