検索

音楽にスウィングを取り入れる

世界中で愛されている音楽にスイングが与えた影響を知ることで、あなたの曲をより楽しくすることができます。


音楽には様々な形があり、構成する要素によって様々なジャンルに分けられます。例えば、使用する楽器やサウンドの選択、BPM(Beats Per Minute)、歌詞の内容、調号、ダイナミクス、そして拍子記号などです。



これらの要素の多くは、聴いている曲によって大きく異なりますが、拍子記号は、ほとんどの現代音楽に共通する傾向がある要素です。拍子記号とは、1小節の中に何拍あるか、またその拍の長さを表すものです。


一般的に洋楽では、1小節に4つの拍子(4分音符)があるシンプルな4/4拍子を採用しています。このような状態でストレートな拍子を多用すると、非常に陳腐で堅苦しいものになってしまいますが、スウィングを使えば、4/4拍子でありながら、他の拍子を示唆するような演奏も可能です。


音楽におけるスウィングの使い方

音楽におけるスウィングは、ストレートな4/4拍子よりもはるかに剛性の低いグルーヴで、「スキッピー」な感触と表現されるものです。

スイングが録音された初期の例としては、バディ・リッチやジーン・クルーパといったドラマーのジャズ音楽があり、彼らはドラムのリズムにスイングを取り入れて人気を博しました。スウィングがジャズに与えた影響を象徴するものとして、デューク・エリントンの「It Don't Mean a Thing (If it Ain't Got that Swing)」という曲があり、これはジャズシーンでよく聞かれるフレーズとなっている。



現代音楽では、Jacob Collier(ジェイコブ・コリアー)というアーティストがスウィングにこだわり、自分の音楽に占めるスウィングの割合を「57%」と言及しているほどです。また、エレクトロニック・ミュージックのジャンルでは、ジャズからインスピレーションを受けて制作されるものが多いため、スウィングは定番となっています。



スウィングの仕組み

4/4拍子の曲の場合、1拍は4分音符4つ分に相当します。ハイハットを交互に配置すると、ストレート・ハイハット・パターンになります。


このパターンでスウィング感を出すには、3連符のグリッドを使い、交互に鳴っている音符にハイハットを重ねる方法があります。各小節の真ん中の3連符を省略することで、キックとスネアは4/4グリッドで演奏しながら、スウィングパターンを作ることができます。



別の考え方をすると、2つ目の音はそれぞれ16.66%遅れて演奏され、1拍の50%(半分)ではなく66%(3分の2)で演奏されることになります。



音符のMIDIベロシティを変えることで、シャッフルやスウィングの音楽の感じに大きな影響を与えることができます。例えば、ビートに乗った「ストレート」な音ではなく、オフビートのスウィングした音をより強調することで、全く異なる感触を作り出すことができます。


Loopcloud DRUMでスイングを使用する

Loopcloud DRUMをプリセットで開くと、プリセットのドラムパターンが表示され、好みに合わせて編集したり、最初から作り直すことができます。ドラムビートを編集する方法の一つは、メイン画面にあるSwingノブを回すことです。このノブを調整することで、制作中のトラックに合うようにドラムビートをスイングさせることができます。スイングレベルを調整するだけで、同じドラムビートでもサウンドが大きく変わります。



ステップシーケンサーの上でマウスをドラッグするだけで、トラックにバウンス感を与えることができます。さらに細かく調整したい場合は、タイミングフェーダーやウィンドウ右下のナッジボタンを使って、各ヒットを少しずつ押したり引いたりすることもできます。


Loopcloudでスイングを使う

スウィングは、ドラムのグルーブを作るときに使われますが、コード進行やベースラインなど、さまざまなサウンドに応用することができます。理論とタイミングは全く同じで、MIDIクリップを録音した後にスイングを適用することができます。


Loopcloud 6では、スウィングの度合いに基づいて新しいループを検索することができます。この機能は、メロディックなサンプルを現在のドラムビートに合わせたい場合や、逆に曲全体に一貫したグルーブ感を出したい場合に非常に便利です。この機能により、Loopcloud 6で使用するサンプルに自分の個性を加えることができ、クリエイティブな可能性を広げることができます。


この機能を使うには、Swingスライダーを調整して、ストレートなリズムを0%、完全にスウィングしたリズムを100%にして、お好みの状態にするだけです。


電子音楽におけるスイング

スウィングは、エレクトロニック・ミュージックの多くのジャンルで見られ、「グリッド上」で作られた音楽に、より人間的な雰囲気を与えるためによく使われます。



ジャズにおけるスウィングは、4/4拍子の編成の中で3連符を使って行われることが多いのですが、エレクトロニック・ミュージックにおけるスウィングは、単にグリッド上でストレートな4/4拍子のリズムを演奏しないこととして理解されることが多いです。ヒップホップ・ミュージックでスウィングがよく使われるのはこのためで、アーティストはサンプリングした古いレコードのフィーリングを表現しようとしています。


スウィングを使用した有名なヒップホップ・アーティストにJ・ディラがいます。J・ディラのヒップホップ・ビートにおけるスウィングの使い方は非常に効果的で、「ディラ・スウィング」という言葉は、怠惰で酔っぱらったような雰囲気のヒップホップ・ビートを表現するのに使われています。また、J・ディラはこのテクニックを使って他の拍子のサンプルを切り刻み、4/4拍子の作品に使用することもできました。


最近のDAWでは、クオンタイズによって「完璧な」リズムを作ることが非常に容易になりました。ヒップホップのビートをトリプレットグリッドから少しでもずらしてスイングすることは、クラシックなヒップホップサウンドを作りたいときに役立ちます。



スイングは、ジャッキング・ハウス、ガレージ、グライム、ドリル、さらにはエレクトロ・スイングなど、さまざまなジャンルの定番となっています。


これらのジャンルの多くでは、キック、ハイハット、スネア/クラップなどの明確なバックボーンがあり、プロデューサーがグリッド上でクリックするだけですが、これらのドラムヒットの間にスイングする追加のパーカッションが含まれていることもあります。


その好例がBurialです。Burialは、フューチャー・ガレージ・サウンドの先駆者として知られるアーティストで、不自然ながらも魅力的に振り回されているように感じるバラバラのリズムが高く評価されています。


これは、Burialが、オフグリッドのゴーストキックやハイハットなど、特定のドラム位置を使用する方法や、銃弾が床を打つ音や鍵盤のジャラジャラというようなファウンドサウンドを使用する方法に由来する。このようなフォーリー音源を効果的に使うことで、楽曲の中に驚くほどのスイング感を生み出すことができます。グリッドだけに頼らず、リズムの感じを重視することで、個性的なグルーヴを数多く生み出すことができるのです。


AkaiのMPC : 完璧なグルーヴボックスとは?

象徴的なアーティストが使用した制作ツールを見て、彼らが使用したシンセサイザーやサンプラーが成功の理由だと考えることはよくあることです。


Akai MPCのようなサンプラーは、ブームバップやローファイ・ヒップホップのようなクラシックなサウンドを生み出すのに欠かせないものとして挙げられています。



Akai MPCは、MPC自体が完璧なスイングをすると言われており、電子音楽界ではこの不思議なタイミングの特性が伝説となっています。ロジャー・リンはインタビューの中で、MPCのスイングは特別なものではなく、本稿で述べたように数学的に完璧なスイングであるとコメントしている。Linn氏は、MPCが他のグルーヴボックスと異なる理由は、むしろサンプルのスタートタイムをタイトにトリミングすることで、より確実で効果的なスウィングを実現しているからではないかと述べている。

4回の閲覧0件のコメント