検索

キックとベースをミックスするための8つの制作上のヒント

ベースラインとキックドラムが、音楽制作において最もマスターするのが難しい部分である理由を、このミキシングガイドで学びましょう。



キックとベースは、ミキシングや音楽制作において、最も難しいパートと言われています。キックはパンチがあり、しっかりとした低音でなければならず、ベースは力強く、重く、そして...やはり低音でなければなりません。つまり、キックドラムとベースラインが似ているからこそ、両者が共存しにくくなってしまうのです。


しかし、キックとベースをより良い関係にすることは可能です。以下のヒントを参考に、キックとベースを調和させる方法をご紹介します。EQのサイドチェイン、リタイミング、チューニングなどは、DAWでうまくやるための方法のほんの一部です。


おそらく、これらのヒントのすべてがあなたの特定の状況に当てはまるとは限りません。これらのテクニックは、あなたのローエンドの悩みを解決するための提案に過ぎません。


1. 正しい音を選ぶ

この記事では、手に負えないキックとベースの組み合わせをうまく利用するためのヒントが多く紹介されていますが、実はそれを簡単に実現する方法があります - 最初からより良いサウンドの組み合わせを選ぶのです!


キックとベースのパッチの試聴にもう少し時間をかけて、異なる組み合わせのサウンドを確認することで、後々の作業を大幅に減らすことができるかもしれません。

Loopcloudソフトウェアを使えば、何百万ものサウンドをDAWで快適に試聴することができます。ジャンル、楽器、テンポなどでサウンドを検索することで、完璧な組み合わせを見つけ出すことができます。また、自動シーケンス機能により、キックやベースのサウンドをワンショットとループの両方で試聴することができます。


適切なサウンドを選択することは有効ですが、すべての状況で万能というわけではありません。では、キックとベースのサウンドをミックスしやすくするためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?ここでは、そのヒントをご紹介します...


2. キックまたはベースの再調整

キックとベースの問題点は、「キックとベースの問題点」で説明したように、周波数スペクトルの同じ領域を共有することで、2つの音が衝突してしまうことにあります。2つの音が同じ音の上に重なっていると、お互いの音が覆い隠されてしまい、それぞれが聞こえにくくなります。


逆に、2つの音を別々の音で鳴らすと、それぞれがより聴こえやすくなります。これはミックスの常識です。ミックスの他の要素がすべて同じオクターブの音を使っていると想像すると、濁った支離滅裂なものになってしまうでしょう。互いの周波数がマスキングされるというのは、幅広いテーマであり、制作現場での大きなテーマでもあります。




2つの楽器の周波数がぶつかり合う場合の対処法はいろいろありますが、ひとつの優れた方法は、それぞれの音程をコントロールすることです。


例えば、キックがある周波数で演奏されていて、ベースラインの音は別の動きをしているが、少し似ている、というような場合です。それぞれの音が周波数スペクトラムのどの部分で鳴っているのかはっきりしない場合は、スペクトラムアナライザーでチェックしてみてください。




それぞれの要素がどの音を叩いているかを分析することで、どちらか一方をチューニングして邪魔にならないようにすることができます。例えば、サンプラー(またはLoopcloud)でキックをチューニングしたり、ベースラインのすべての音を再構築してキックとの相性を良くしたりすることができます。



3. 空間を作るEQ

2つの音を識別できるようにするには、チューニングがひとつの方法であるとすれば、EQはもうひとつの明確な方法です。ベースラインは、キックが存在する周波数にエネルギーを持っているかもしれませんが、その周波数を下げてキックのためのスペースを作りたいと思うかもしれません。


EQのスペクトラムアナライザーやプラグインのアナライザーを使えば、キックのエネルギーがどこにあるかを知ることができます。この知識を利用して、ベースライン上の特定の周波数を切り取ることができます。



この方法は、キックとベースのミキシングに関するすべての悩みを解決するものではありません。他の楽器を上に乗せるために、EQをかけている楽器の優れた点を簡単に損なってしまいます。また、EQをかけすぎて音の位相のまとまりを崩してしまうこともあります。博士論文のように聞こえるかもしれませんが、自分の耳を信じてください。



4. 聴いて感じる

低音を理解するのは、それほど難しいことではありません。人間の聴覚システムは中音域の音を聴くのに適していて、それは私たちが毎日聞いている音だからです。


自分のベース音を把握するためには、まずマスターチャンネルにローパスフィルターをかけて音楽を聴いてみましょう。カットオフを120Hz程度に設定することで、低音域だけを聴くことができ、ミックスの低音域をじっくりと聴くことができるようになります。


低音部がどのように相互作用しているかを把握するもう一つの方法は、スピーカーコーンに指を触れてみることです。高音域よりも固体を透過しやすい低音域の音と、物理的なつながりを持つことは、低音域とサブベースの要素と、それらがどのように組み合わされているかを見守るのに最適な方法です(指で触るのもよいでしょう)。



5. 商用トラックを参考にする

キック&ベースのミキシングに限らず、音楽制作のどの段階においても、自分のミックスを市販のトラックで参照することは、自分の曲が競合他社や尊敬するアーティストの曲と比べて遜色ないかどうかを確認するための素晴らしい方法です。


キックとベースのパートに特化した参照方法は、ローパスフィルター(前回のヒントで説明しました)を使って、自分の作業中のトラックと、自分が目指しているサウンドプロファイルに似たトラックの両方を聴くことです。


あなたのトラックは作曲、編曲、ミックスの段階で、市販のライバルはマスタリングされているのです。公平に比較するためには、市販のトラックの音量を下げ、進行中の作品よりもダイナミックレンジが低いことを念頭に置いてください。


Mastering The Mix ReferenceMeldaProduction MCompareなどの専用プラグインを使えば、ボタン一つでトラックを切り替えて簡単に参照することができ、異なるセッション間での作業も可能です。


6. キックとベースのリタイミング

この方法は、あなたが持っている特殊なキックとベースの音では必ずしもうまくいかないかもしれませんが、試してみる価値はあります。この方法をうまく使えば、キックとベースの音を区別するために、他の作業をする必要がなくなります。


このトリックは、ベースラインがオーディオにレンダリングされている状態で行うのがベストですが、レンダリングする準備ができていない場合は、MIDIでも十分です。キックとベースが隣り合ったトラックの波形にズームインし、ベースラインをごくわずかに遅らせて、キックよりも少し遅れて演奏するようにします。


しかし、キックとベースの組み合わせがこの方法に適していて、ベースラインに違和感がなければ、キックとベースのサウンドをミックスの中でうまく調和させることができる素晴らしい方法です。



7. サイドチェーン・コンプレッション

サイドチェインコンプレッションは、元々は音楽をバックグラウンドに「ダッキング」して、声を上から聞こえるようにするために考案されたものですが、最初に使われてから飛躍的に進歩しました。Eric PrydzやDaft Punkなどのアーティストによって有名になった「ミックスバスパンピング」というどこにでもある音も、このサイドチェーンコンプレッションによるものです。しかし、サイドチェーン・コンプレッションには3つ目の使い方があります。


コンプレッサーをベースラインに使用し、それをキックからトリガーすることで、キックが再生されるたびにベースがノックダウンされるサイドチェーン・コンプレッション効果を作り出すことができます。これはベースラインのギャップとしては認識されませんが、両方のサウンドがより明確になり、両方とも以前より大きくすることができるようになります。


DAWでうまくやるには、ベーストラックにコンプレッサーを設定し、キックのチャンネルをそのサイドチェーン入力として使います。スレッショルドを、キックがベースラインのゲインリダクションを誘発するところまで下げ、レシオとスレッショルドを好みに合わせてカスタマイズします。


アタックとリリースの時間を短く設定し、ベースラインでは効果が目立たないようにしましたが、コンプレッサーをバイパスした場合には、濁ったような、はっきりしない音になってしまいます。



8. ダイナミックEQ

ここまで、EQとサイドチェーン・コンプレッションの戦術を説明してきましたが、両方を組み合わせてみてはいかがでしょうか?ダイナミックEQのバンドを設定して、ベース信号全体ではなく、1つの帯域の周波数がキックに反応するようにすることはできないでしょうか?結果的には、それが可能でした。


通常のサイドチェインコンプレッションでは、キックが鳴ったときにベースライン全体がダッキングされてしまいますが、ダイナミックEQプラグインを使えば、キックが鳴ったときにベース信号の最も低い帯域だけがダッキングされるようにすることができます。キックは周波数スペクトルの低い位置にあるので、ダイナミックなダッキングが可能になります。



上の例では、ToneBoosters Equalizer 4 を使用して効果を設定しています。ローシェルフのバンドにダイヤルを合わせ、標準ではゲインに変更を加えませんが、ダイナミック設定をコンプレッサーのように設定し、キックの演奏時にレスポンスを得られるようにしています。また、マルチバンド・コンプレッサーを使っても同様の効果を得ることができます。つまり、EQのバンドをダッキングする代わりに、ダイナミック・プロセスをバンド・オフするのです。

14回の閲覧0件のコメント