top of page
検索

オリジンズ:アフロ・ハウスの進化を示す8トラック

80年代の南アフリカから現在のイギリスまで、アフロ・ハウスがどのようにして生まれたのかを調査します。




主要な音楽スタイルの進化をナビゲートする「Origins」シリーズの最新作をお届けします。

今回は、アフロ・ハウス、そのルーツ、キーのアーティスト、マイルストーン、そしてこれまでの道のりを探ります。


自分のDAWでアフロ・ハウスを探求するなら、3つのキー・サンプル・パックが入ったAfro House Essential Bundleを手にいれましょう!


アフロ・ハウスとは?


アフロ・ハウスは、1990年代に南アフリカで確立されたハウス・ミュージックのサブジャンルである。

繰り返しの多いドラム・パターン、4つ打ちのキック・ドラム、ディープなベースライン、パーカッションの多用が特徴です。

ほとんどのアフロ・ハウスは、100bpmから120bpmのテンポで作られており、他の多くのハウス・ミュージック・スタイルよりもやや遅めのテンポとなっています。

アフロ・ハウスは、アマピアノ、Kuduro、Gqomなど、他の似たようなスタイルの音楽とよく関連しています。


1989: The Survivals - My Brother

バブルガムがクワイト、そして後のアフロ・ハウスへの道を開拓!



アフロ・ハウスは、ソウルフルなジャンルであるクワイトと、ハウスという2つの確立されたジャンルから派生したと一般的に考えられています。

ハウス・ミュージックの着想と進化をめぐる文献はたくさんありますが、クワイトについてはどうでしょう?

クワイトは、1980年代に南アフリカで流行していたバブルガムというシンセとパーカッションを多用した音楽スタイルから生まれたと言われています。


ハウス・ミュージックの顕著な特徴が、80年代後半のバブルガム・スタイルに浸透していくのを聴くことができます。

『マイ・ブラザー』で聴ける4オン・ザ・フロアのキック・ドラム、グルーヴィーなベースライン、反復的な曲構成は、ハウスが南アフリカのポップ・ミュージックに影響を与えたことを示しています。


1995: Arthur Mafokate - Kaffir

南アフリカにおけるクワイト初の大ヒット曲



KwaitoはBubblegumの後を引き継ぎ、Houseの音楽的特性をさらに取り入れ、Hip Hopなど他のジャンルも取り入れました。

Kwaitoが前作と共通していたのは、政治的、人種的なテーマを持っていたことです。

その背景には、1994年にネルソン・マンデラが当選し、政治的・経済的制裁が解除されたことがあります。

この特別な曲の場合、Mafokateはボスに、南アフリカでは不快な人種的中傷である "kaffir "と呼ばないように頼んでいました。 90年代半ば、KwaitoはArthur MafotateのトラックKaffirによって大ブレイクしました。

この曲には、クラシックな4つ打ちのキック・ドラムやオフビートでのオープン・ハイハットなど、注目すべきハウス・サウンドがフィーチャーされています。

KORG M1風のオルガンは、同時期にイギリスやアメリカで人気を博していたハウス・ミュージックを彷彿させています。

『Kaffir』は15万枚以上のセールスを記録し、アフロ・ハウスの土台作りに貢献しました。


1999: Afro Medusa - Pasilda

アフリカのパーカッションから影響を受けたイギリスのハウス・アーティストたち



1990年代の終わり頃、アフロ・ハウスが南アフリカ以外のアーティストに影響を与え始めていることは明らかでした。

イギリスのハウス・ミュージック・グループ、Afro Medusaは、1999年のトラックPasildaにアフリカの影響を受けたパーカッションを取り入れました。

このトラックは2000年のチャートで首位を獲得し、それ以来、あらゆるハウスDJの間で根強い人気を誇っています。


2003: Malaika - Destiny

アフロ・ハウスはクラシック・ハウスのピアノ・コードから影響を受けている



2000年代に入っても、ハウスがアフロ・ハウスのサウンドに大きな影響を与え続けていることは明らかだと言えます。

Malaikaの2003年のクロスオーバー・ヒット「Destiny」は、このリストの初期の作品に比べ、最初からハウス・ミュージックに近いサウンドになっています。

ピアノの和音は、伝統的なローランドTR-909のサウンドとともに、最も馴染み深い要素と言えます。


核となる909ドラムに、アフリカ音楽の他のスタイルから直接影響を受けたシンコペーション・パーカッションが重なっています。

こうしたドラムの組み合わせやプログラミングは、UKファンキーに関心のある人なら誰でも知っていることでしょう。

Destiny はチャートで大成功を収めて、マライカに大きな影響を与えることとなり、マライカが南アフリカの商業音楽市場に参入するのに役立っただけでなく、国際的なレベルでもアフロ・ハウスの評判を高めました。


2008: Afefe Iku - Mirror Dance

カルト・クラブのクロスオーバー



ケニア沖の小さな島出身のAfefe Ikuは、才能豊かなマルチ・インストゥルメンタリストでありプロデューサーでもあります。

若くして音楽への情熱を見出した彼は、ミズーリ在住のミュージシャン、Osunladeに才能を見いだされました。

2008年、IkuはOsunladeが設立・運営するレーベル、Yoruba RecordsからMirror Danceをリリースしました。


ここで紹介した他の曲と同様、Mirror Danceは、絶対的なアンダーグラウンドから商業的なクラブやラジオ局まで、クラブ指向音楽の多くの領域で勢いをつけ、アフロ・ハウスに光を当て、幅広いリスナーにこのサブジャンルを紹介するきっかけとなりました。


2009: Black Coffee - Superman Ft. Bucie

アフロ・ハウスがついに花を咲かせる



何かが人気を集めると、それは必然的に新しい表現や フォーマットへと進化します。

アフロ・ハウスがイギリス、特にロンドンで人気を集めた後、まさにこのようなことが起こったようです。

Culoe De Songらが、よりダークでミニマルな雰囲気のアフロ・ハウスを作り始めました。

アフロ・ハウスのステレオタイプなリズムとグルーヴは残り続けたものの、『Make You Move』で聴くことができるように、派手で明るいシンセサイザーは、より繊細なミュート・トーンに置き換えられました。 これはUK音楽のポスト・ダブステップ時代と重なり、プロデューサーたちはダブステップが持つ究極主義的なサウンドから離れつつありました。

その代わりに、アーティストたちはダブステップの好きな要素を借り、他の影響や音楽スタイルと融合させるようになっていきました。

このアプローチは、2010年代初頭に急成長したアフロ・ハウスのストリップバック・スタイルにも反映されているようです。

さらに、音楽の激しさを抑えることで、アフロ・ハウスはより多くの英国の聴衆に受け入れられたのかもしれません。


2023: Tyla - Water

アフロ・ハウス、アフロビーツ、それともアマピアノ?



今日、アフロ・ハウスの最大の課題はその独自性であると言っても過言ではありません。

長年にわたり、アフロ・ハウスはしばしば、クワイト、クドゥロ、ディープ・ハウス、UKファンキーなどと間違ったレッテルを貼られてきました。

今日、アフロ・ハウスとアフロビーツは、アフロビーツが西アフリカから生まれた別の音楽スタイルを指すにもかかわらず、誤って同じ意味で使われています。


アマピアノもまた、アフロ・ハウスと混同されがちなジャンルです。

アフロ・ハウスと共通の伝統を持つアマピアノは、南アフリカで生まれ、ハウスやクワイトから直接影響を受けています。

アマピアノにはキック・ドラムがなく、ログ・ドラムのサウンドが特徴的です。


アフロ・ハウス、アフロビーツ、アマピアノはいずれも、今日の商業音楽の世界で大きな存在感を示しており、Tylaの人気トラック「Water」はその顕著な例です。

アフロ・ハウスの音楽的特徴の多くは、今日イギリスで聴かれるこのジャンルのバリエーションで聴くことができます。


よくあるご質問


アフロ・ハウスの由来は?

アフロ・ハウスは90年代に南アフリカとアンゴラで人気を博し、ハウス・ミュージックだけでなく、クワイトやバブルガムなど他の南アフリカの音楽スタイルからも影響を受けています。


アフロ・ハウスの構成要素とは?

伝統的に、アフロ・ハウスは、4オン・ザ・フロアのキック・ドラム、反復パターン、ディープなベースラインなど、ハウス・ミュージックの特定の要素を含んでいます。

アフロ・ハウスにはソウルフルなヴォーカルや、様々なアフリカン・ミュージック・スタイルから影響を受けたメロディが含まれることがよくあります。


アフロ・ハウスとアマピアノはどう違うのですか?

アフロ・ハウスとアマピアノは、どちらも南アフリカで生まれたジャンルです。ディープなベースライン、催眠術のようなグルーヴ、4つ打ちのキック・ドラム・パターンなど、多くの共通点があります。

アマピアノは、トレードマークの太いドラム・サウンド、シンセのコード、16分音符のシェイカーが特徴です。


 

アフロ・ハウス・エッセンシャル・バンドルで、アフロ・ハウスの要となる3つのサンプル・パックがなんと76%オフ。 期間限定で20ポンド(定価84.85ポンド)です。



閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page