検索

より良いビートを作成するための8つのドラムシーケンス・ヒント

Loopcloud DRUMのシーケンスガイドで、グルーヴやドラムプログラミングを上達させてみましょう!


優れたドラムビートがトラックの良し悪しを左右することは周知の事実です。リズムが良ければ、創造性が発揮され、コードやベースライン、メロディーを作曲に加えるのが非常に簡単になります。逆に、足がタッピングされていなかったり、頭が揺れていなかったりすると、物事の流れに乗るのが難しくなります。


シーケンスは、ドラムのパターンをプロットする楽しい方法ですが、適切に使用すれば、非常に生産的な作曲技法になります。Loopcloud DRUMやその他のシーケンサーに適用できる、ビートを刻むための8つのドラムシーケンスのヒントを見てみましょう。


1. ベロシティを正しく使う

ベロシティとは、ドラムを叩く強さや柔らかさのことで、すべてのMIDI楽器に適用されるパラメータです。ドラムのベロシティを変化させることで、より人間的なフィーリングを作り出すことができます。実際のドラマーが、毎回まったく同じ力でスネアを叩くとは思えません。


しかし、ベロシティを変えてドラムをシーケンスすることは、人間の不完全さを模倣するためだけのテクニックではありません。ベロシティを変化させることで、同じリズムでもグルーヴ感が変わることは、ロックやジャズ、ガレージやトラップミュージックなど、さまざまなジャンルで実証されています。


上の画像は、Loopcloud Drumで各ビートの最初の音を減らして他の音にアクセントをつける方法を簡単に示しています。単にハイハットの音量を上げるとクリッピングが発生し、サウンドに不要なアーティファクトが追加される可能性があるため、一般的にはこの方法でビートにアクセントを加えることが望ましいです。


2. パターンとシーケンスをミックスする

エレクトロニック・ミュージックの制作にはドラムループが欠かせませんが、トラックが少し繰り返しになってしまうこともあります。メロディ的には、ベースラインやコード進行が同じループの長さにならないようにすることで改善できますが、有機的な雰囲気を保つためには、ドラムパターンにバリエーションを加えることが必要です。


ドラムパターンにいくつかのバリエーションを用意して、それらを交互に使うこともできますが、Loopcloud DRUMには、パターンをオンザフライで切り替える機能があります。これにより、各ループの開始時にパターンを再トリガーすることなく、各パターン間をシームレスに切り替えることができます。



画面下部に表示されるパターンオーダー(ABC)を作成し、パターンオーダーをオンにして各パターンを再生する方法と、パターンA~Hをリアルタイムにクリックしてパターンをシームレスに切り替える方法があります。


この機能を使えば、あるパターンの前半で始まり、途中で別のパターンに切り替わり、最後は3つ目のパターンで終わるというハイブリッドなバーを作ることができるのです。このように、ドラムパターンに柔軟性を持たせることができれば、創造性の幅が広がります。


3. レイヤーすべてを重ねる

純正のドラムキットをトラックに使用したことがある方ならわかると思いますが、それではちょっと味気ないサウンドになってしまうことがあります。今日では、ドラムマシンのサンプルに限らず、何百万ものサウンドから選ぶことができます。自分のトラックを正しく表現するためには、時間をかけてドラムヒットを厳選することが大切です。



気に入ったキックドラムがあっても、十分な音量が得られない場合は、ドラムサンプルを埋めるためにレイヤーを重ねるという方法があります。 2つのサンプルを重ね合わせることで、アレンジの中でまとまりのあるドラムサウンドを作ることができます。



注意すべき点は、目的の周波数を導入するためにドラムサウンドを重ねると、追加の周波数が加わってしまい、結果的に衝突してしまうことです。幸いなことに、これらの周波数をカットすることで、サウンドが調和するように簡単に修正することができます。これにはDAWのEQプラグインを使うことができますが、Loopcloud Drumにはサウンド・シェイピングのためのフィルターやADSRエンベロープが付属しています。


最後に、正しいサウンドを使っていても、ちょっとしたチューニングが必要な場合があります。キックドラムは、曲のキーに合わせてチューニングするのが一般的ですが、「音が良ければ、それでいい」というのがシンプルなルールです。ドラムサンプルのチューニング、タイムストレッチ、FXなどを試して、曲の雰囲気に合ったドラムビートを作ってみてください。


4. レイヤーのタイミング

ドラムを重ねることは、より充実したサウンドのドラムループを作るための素晴らしい方法ですが、各要素のタイミングを少しずらすことで、ドラムに命を吹き込むことができます。


例えば、パンチの効いたサウンドでありながら、サウンドに尾を引いていないリムショット・サンプルがあるとします。このサンプルとわずかにずれたスネアドラムを組み合わせると、パンチの効いたクリック感と長いテールの両方を得ることができます。


各ドラムサンプルのボリュームエンベロープを調整することで、それぞれのサウンドの品質を最大限に引き出すことができ、自分のサンプルから不要なクリックやポップを取り除くことができます。


このテクニックはクラップにも有効で、様々なクラップ・サンプルをずらして有機的なパーカッシブ・サウンドを得ることができます。Loopcloud DRUMのタイミングフェーダーを使えば、非常に簡単に実現できます。パターンシーケンサーで各クラップを同時に開始し、タイミングを調整することで、クラップやパーカッションの各サンプルの完璧な配置を見つけることができます。




5. スイングを加える

ビートにスウィングを加えることは、ストレートな4/4拍子よりもはるかに堅苦しくなく、スキッとした感じを出すのに最適な方法です。最近の記事では、音楽にスウィングを加える方法(スウィングの記事へのリンク)と、様々なジャンルでのスウィングの使われ方を説明しました。



要するに、3連符のパターンを作り、各拍子の小節の真ん中の3連符を削除することで、拍子にスウィングを加えることができるのです。これは、4/4グリッドの4分音符の位置を少しずつずらしていると考えることもできます。



Loopcloud Drumでは、ビートのスイングレベルを調整することができ、音楽のセクションごとにその量を変えることができます。また、求めているスイング量に応じてサンプルやループを検索することができるので、自分のビートにぴったり合うサンプルを見つけることができます。

6. 高音の方が忙しい

キックドラムとスネアは、トラックのメインパルスであり、ビートの残りの部分を構築するための基礎となるリズムだと考えることができます。多くのジャンルでは、この2つのドラムは各小節で同じビートになることが多いです。このような理由から、キックとスネアのパターンはシンプルに始め、他のパーカッシブな要素に移るにつれて複雑さを増していくとよいでしょう。


キックとスネアから始めて、このリズムと相互作用するようにハイハットをクリエイティブに配置して、ビートの骨格を作ります。その後、タムロールやハイハットロールなどのアーティキュレーションを追加したり、ビートにスペースがある場合は他のサウンドを追加したりすることができます。


ドラムロールや追加のヒットは、Loopcloud DRUMシーケンサーのロールセクションの各ヒットの下をクリックして追加できます。ハイハットロールをその場で追加したり削除したりできるので、トラップ系のプロデューサーには非常に便利です。



ここで1つ注意しておきたいのは、ドラムビートの1秒1秒をノイズで埋め尽くすのは必ずしも最善の策ではないということです。時にはドラムヒットの間の静寂がグルーヴを生み出すこともあるのです。もし、他の要素を加えてもビートが改善されないのであれば、恐れずにその音を削除してください。



7. フィールドレコーディング

最高のドラムビートは、伝統的なドラムサウンドを使わずに作られることがあります。もしあなたが、ドラムサンプルを拾った音に置き換えたトラックを聴いたことがあるなら、ユニークなドラムサンプルを使うことで、ドラムビートの感触を大きく変えることができることが理解できると思います。


例えば、Havoc(Mobb Deep)がShook Ones Pt.IIのドラムビートを作る際に、ストーブの上の音を録音したものを使っているのがその好例です。マイクやフィールドレコーダーがあれば、思いつくままに自分だけのサウンドライブラリーを作ってみるのも楽しいかもしれませんね。


幸いなことに、Loopcloudには、すぐに切り刻んで自分のビートに使えるフィールドレコーディングが豊富に用意されています。高価なマイクに投資することなく、フォーリーサンプルの世界に飛び込むことができます。




8. 使えるドラムを使う

当たり前のことですが、ある曲で使ったドラムの音が、別の曲では正しく聞こえないことがあります。どのようなドラムの音がベストなのか、一般的な方法はありませんが、自分が目指している音に似たアーティストを研究するのは良いアイデアかもしれません。



状況に応じて、どのような音が使われているかを考えてみましょう。例えば、シンバルやクラッシュを使って、新しいフレーズの始まりを表現するアーティストがいます。特定のジャンルや音楽文化の曲をサンプリングしているのであれば、サンプリングした曲によく見られるパーカッションを使ってみるのもいいかもしれません。



特定のジャンルのドラムサウンドを探している場合や、お気に入りのアーティストのスタイルを探している場合は、Loopcloudでは様々なジャンルですぐに使えるドラムキットも用意されています。



8回の閲覧0件のコメント