top of page
検索

Wizeが新しいサンプル・パックでUKのサウンドをひとつに集約

数々の名曲とEDITSシリーズのヒットで知られるマルチな才能を持つプロデューサーの、新しいサンプルパックのストーリーを紹介!




今日の音楽シーンでは、アーティストにとって、クリエイティブ主導のビジュアル、オーディオ、パフォーマンスの分野、あるいはマーケティング関連の自己宣伝戦術など、さまざまな媒体を通して自分の作品をアピールすることが当たり前になっています。

ソングライターにはプロデュース能力が必要であり、プロデューサーにはマーケティング能力が必要です。

1つのことを上手にこなすだけでは不十分で、世界中で多くのコンテンツが溢れている中で、 存在感をアピールするには、スキルを充実させることが肝心です。


ノース・ロンドン出身のWize(Jordan Birch)には幸運なことに、それら十分すぎるほどのスキルが備わっています。


「プロデュース、ヴォーカル、DJ、ラジオ番組の司会など。人生のほとんどを費やしてきた」


大成功を収めた "EDITS "シリーズで、Jordanはオンライン上のミュージッククリップからインストルメントを取り除き、YouTubeInstagramで100万回以上の再生回数を記録しています。




WizeがLoopcloudでリリースした新しいサンプルパック「Sound of the UK」は、彼の幅広いインスピレーションの源である複雑なパーカッションとメロディーを凝縮した、グライム・ミュージックには欠かせないツールキットとなっています。

彼のキャリアを掘り下げ、作品の背後にあるプロダクションの方法論を明らかにするため、彼にインタビューする機会を得ました。


Jordan は過去に、Boiler Room のライブ番組『Crowdsourced』の司会も務めていました。

また、枠にはまることを拒む尊敬すべき職人で、このように多才で活動的な音楽プロデューサーとのインタビューは、非常に興味深いものになると思います。


音楽を始めたきっかけは?


UKのストリート・ラッパーで有名なハイブリー・エステートで育ったんだ。

僕はタスク・フォースというグループで育ったんだけど、おじさんたちが彼らのことをすごく気に入っていて、よく彼らのために曲を作っていたんだ。

公営団地で育つと、みんなが何をやっているのか見て回るようになるんだ。


もちろん、音楽は身近にたくさんあったけれど、当初は必ずしもやりたいことではなかった。

実は絵を描くのが好きで、ドラゴンボールZのキャラクターのような日本文化のグラフィックを描いていたんだ。

何もないところからアイデアを生み出すこと、それが本質的なことだからね。




あなたにとって、活動を始めるキッカケとなった特定のトラックやプロジェクトはありましたか?


かつて、私たちはプロモと呼ばれるものをよくやっていた。

現代のEPのようなもので、公式な配信はしていない。

MySpaceで5曲か6曲の『The Blueprint』というプロモがあったんだ。

ジェイ・Zがやったなんて知らなかったし、ただいい名前だと思ったから!

デザイナーに10ポンド払ってジャケットを作ってもらって、全曲プロデュースしたんだ。

当時、自分の作品をプロデュースするラッパーはそれほど多くなかったから、15歳の私がそれをやってのけたことは、とても偉業だった。


プロモが好評を得た後は、それがとても好きだとわかった。

なぜなら、それは単に自分のためにやったうぬぼれのようなものではなくて、みんなが楽しんでくれていることを証明してくれたから。




自分でトラックをプロデュースするようになったきっかけは?


私はMySpaceのフォロワーが200人くらいの子供だったから、ビートを手に入れることができなかった!


でも、僕の家族は音楽一家だったから、いとこがプロデュースをしていて、そのうちのひとりがPS1用の『Music 2000』をくれたんだ。

それまでプレイステーションといえば、『クラッシュ・バンディクー』や『鉄拳3』、『スパイロ』などが主流で、音楽制作には向いていなかったからね。

あれはとても気に入ったし、間違いなく僕のすべてを変えたよ。


あなたは古いグライム・フリースタイルとニュースクールのドリル・ビートを組み合わせることでよく知られていますね。そのアイデアはどうやって生まれたのですか?


僕はずっとリミックスが好きで、制作のかなり早い段階からやり始めたんだ。

マイケル・ジャクソンの古い曲をヒップホップのビートに乗せてみたり、アメリカのプロデューサーKnxwledgeが昔のMeek Millのフリースタイルや昔のクラシックなヒップホップのフリースタイルを使ってやっているのを発見した時は、彼がどうやってやっているのか知りたくてYouTubeのコメントを何日も探し回ったよ。

彼がiZotope RXを使ってインストルメントを取り除き、ボーカルの周波数だけを分離していることに気づいてからは、自分でもやってみようと思った。


最初はTwitterで古いSkeptaのフリースタイルをサンプリングして、ビートを変えて、みんなに感想を聞いてみたんだ。

古典的な素材を変えるわけだから、どっちに転ぶかわからない。

人々はそのようなものを身近で大切にしているので、それを台無しにすれば評判を落とすことになる。

幸運なことに、この曲のコンセプトはUKではとても新鮮だったから、みんなに好評だったと思う。




あなたのエディットはいつも幅広い影響を受けているようですね。今はどんなものを聴いていますか?


かなりいろいろだよ。

例えば、ここ2、3ヶ月はジャズ・フュージョンをよく聴いていて、サンダーキャットのような人たちを聴いている。

マンサー・ブラウンというギタリストは、ストレートなインストルメント・ギターをたくさんやっていて、そういうものからメロディックなインスピレーションを受けることが多い。

グライムバッグに入りすぎると、自分の作るものの視野が狭くなってしまうんだ。

ドリル・バッグやガレージ・バッグに入っていても同じだ。

僕はひとつのことをやりすぎると、それをやりすぎてしまうタイプなんだ。


今の現場では、かなり多くの人に好感を抱いている。

本当に好きなのはロックスFOEで、彼はサウンドチョイスの面で驚異的だ。

犬の鳴き声に猫の鳴き声をミックスしたり、サメが人の足を食いちぎる音をミックスしたり。

Kish Fantasticもとても気に入っているし、弟のGrieseも気に入っている。

ドリル・シーンが好きなのは、レーベルが注目しているからだ。

UKのアーバン音楽の歴史において、ドリル・シーンはストリート・アートではなく、キャリアとして成立するようになった。




プロデュースだけでなく、歌も歌うんですよね?


僕の母親はセッション・シンガーだったから、いつも影響を受けていたよ。

彼女のスタジオ・セッションにはいつも連れて行かれて、ボーカル・ブースに座って彼女が演奏しているのを見ながら、彼女のやっていることに感心していたものさ。

彼女は私が4歳か5歳のときにハーモニーのやり方を教えてくれて、いつも私にハーモニーをやらせてくれた。

メロディーのアイデアの多くはそこから生まれていると思う。


公営団地の子供として育った私は、歌を歌うことがあまりクールではなかったので、そのスキルを彼女から受け継ぎ、陰で磨いたような感じだった。

みんなMCだったから、R&Bシンガーにだけはなりたくなかったんだけど、最近になってマネージャーからもっと歌うように言われるようになったんだ。

実は、あるストーリーを語るプロジェクトがあるんだけど、そのプロデュースも兼ねて全部歌ったんだ。

僕はグライム・ミュージックの人と思われているので、それを聞いたらみんな驚くと思うよ。


サンプルパックの内容について教えてください。


ドリルからの影響が多いね。

145BPMや150BPMのループ、複雑なパーカッション、ファンキーでトリトンの影響を受けたメロディーがたくさんある。

アフロビートやUKラップなども入っているよ。

前にも話したように、僕はメロディ重視なので、普通のメロディループはあまりない。

また、このパックに収録されているサウンドは、ほとんど僕のDAWからダイレクトに取り込んでいる。

だから、このパックを使ってみんながどんなことをするのか、さまざまな要素をどう融合させて新しいものを生み出すのか、とても興味があるんだ。





あなたのサウンドを作り上げたキーとなるプラグインやハードウェアはありますか?


Korg M1とKorg Tritonだね。

もしこの2つの機材が私の人生になかったら、私の音楽は今のようにはなっていなかっただろう。

ネプチューンズやティンバランドに影響を受けて育ったんだけど、彼らはTritonの大ファンだったんだ。

今でもTritonは、僕の音楽への取り組み方に大きな影響を与えているし、そのサウンドはいつも私の心に響いている。

プラグインに関しては、Nexusがなかったらどうなっていたかわからない。

Nexusは何でもできるプラグインの1つで、私のプロダクション・キャリアに大きな影響を与えた。

ヒップホップやトラップのプロデューサーの多くが同じことを言うだろう、 NexusはCPUが軽く、多数のサウンドを内蔵していたからね。




テクノロジーの進歩は、あなたのプロダクションにどのような影響を与えていますか?


私は常に、技術的な面で何が起こっているのかにかなり敏感で、音楽によって今後の状況がどうなっていくのかを知ることができると思う。

特に今、AIで起こっていることすべてを考えると、テクノロジーの進歩という点では、音楽は間違いなく柱のひとつだし、だからこそ音楽はとても楽しいんだと思う。


先日、AuxCordというプラグインを手に入れたんだけど、これを使うとスマホからDAWにレイテンシーなしでストリーミングできる。

例えば、Tik Tokで気に入ったものを見つけたとすると、それを直接DAWにクリーンな状態でサンプリングできるんだ。

サンプリングの概念は変わりつつある。

ベースをミックスから音を分離・独立させたい場合でも、高音域や中音域をすべてEQで消す作業をしなくてもいい。

実際にベースの音源をステム処理しても、そのベース・ギターの感触を与えるすべての成分を残すことができるし、ヴォーカルやストリングス、その他どんなものでも同じことができる。


新しいテクノロジーは私のワークフローを楽にしてくれるので、私は本当に楽天的に考えている。

アイデアが現実のものになるまでの時間が短縮されるんだ。

音楽に関しては多くの人が伝統主義者ですが、ツールが良くなっているのなら、それを使わない理由はないでしょう?

2023年に映画を観たときに、1926年のカメラで撮影されていたら私は嫌だな。


Wizeの「Sound of the UK」はLoopcloud.comで入手できます。


閲覧数:37回0件のコメント

Comments


bottom of page