top of page
検索

Dam Swindleが "The Swindle Sound "サンプルパックをリリース。

10年の歳月をかけて制作されたオランダ人デュオのBeatport Soundsデビューサンプルパックは、所有するだけの価値があります。




2011年にLars DalesとMaarten Smeetsがタッグを組んで音楽制作を始めたとき、彼らが持っていたのはLarsのハードディスクに眠っていたいくつかのAbletonプロジェクトと、モータウン時代やその他のクラシックレコードへの興味だけでした。現在では、Dam Swindleはダンスミュージック界で世界的に有名な存在となり、数百万のストリーミング、ソールドアウトのライブ、有名なスタジオでのパフォーマンス、フェスティバルでのメインキャストとして出演しています。




しかし、Dam Swindleの成功は、決して最初から用意されていたものではありませんでした。

別のバンド名で数回ライブを行った後、Detroit Swindleとしてアムステルダムのクラブ・アップで最初のライブを行いました。

その後、2020年にアメリカの最も有名なヒップホップ中心地の文化を流用していると誤解されるのを恐れて、ブランドを変更するまで、彼らはこの方法で知られていました。




LarsとMaartenは、クラブシーンで演奏して評判を高める一方で、プロダクションのスキルも磨いており、'The Wrap Around'や'The Break Up'などインパクトの強い楽曲で初期の成功を収めました。

クラシックハウスや無名のディスコ、アフリカンファンクなど様々な音楽からインスピレーションを受け、その勢いはライバルに差をつけ、その先にある世界を垣間見るには十分でした。


オランダのアーティストである彼らは、独自の熱意と決意をもって迫り来るあらゆる難題に取り組み、その勢いはとどまるところを知りません。

2014年にファーストアルバム『Boxed Out』が発売され、その4年後に『High Life』が発売されました。

Tom Misch、Seven Davis Jr、Jungle by Night、Marc de Clive-Lowe、Jitwam、Lorenz Rhodeなど、多くのコラボレーターが参加していることからもわかるように、この段階で彼らのエレクトロミュージック界における注目の的となっていたのです。

Dam Swindleは、オリジナル曲の制作だけでなく、Kerri ChandlerやMayer Hawthorneといった大物アーティストに声をかけられ、StrutやSoundwayといったレーベルからリミックスを提供しています。




この成長し続ける活動の傍ら、Dam Swindleは2013年に自身のレーベルHeist Recordingsを設立しました。

これは非常に重要なことで、2人は自分たちの作品をリリースする場所を得ると同時に、新しい才能を発掘する場としても機能しています。

Nebraska, Adryiano, Kassian, Demuir, Makez, Max Graef, Pépé Bradock, Nachtbraker, Matthew Herbert, Ge-Ology, Byron the Aquariusなど、多くのアーティストがこのレーベルの支援の下で活躍しています。


The Swindleサウンドの紹介


今年はダム・スウィンドルの10周年にあたり、彼らは「Keep on Swindling」ツアーとシリーズ3作品を発表し、その記念すべき年を祝いました。

このシリーズでは、過去の代表曲をリミックスや新バージョンでアップデートしており、また新しいオリジナル曲もいくつか収録しています。




→「Dam Swindle - The Swindle Sound」サンプルパックはこちらから


また、Dam SwindleはBeatport Soundsのために、長年にわたるスタジオワークとクラブナイトの経験を凝縮し、「The Swindle Sound」と名付けられたダンスフロアにインパクトのあるサンプルパックを発表しました。 ディープなベースライン、クリエイティブなパーカッション、エモーショナルなキーボードなど、2人のサウンドパレットにご期待ください。

Maartenはこのプロジェクトについて次のように語っています。


私たちは、自分たちが築いてきたもの、Swindleサウンド全体、そしてそれが私たちや他の人々にとってどんな意味があるのかを振り返りました。サンプルパックを作ってほしいという依頼は何度も受けてきましたが、今まではその準備が完全に整っているとは思えませんでした....


Swindlers自身によるパックとこれまでのキャリアについての詳しいインタビューは、

Beatportalでご覧ください。

閲覧数:10回0件のコメント
bottom of page