検索

2020年代のレコード会社が果たすべき9つの役割

ここでは、2020年代のレコードレーベルが担う役割と、お金のあるなしに関わらず、レコードレーベルを立ち上げる場合に考えておくべきことを紹介します。

レーベルの役割 1: ディストリビューション

確かに、音楽をディスクに印刷し、船やトラックを使って世界中の店舗に届けることはあまり求められていませんが(ただし、レコード市場は「物理的」な流通を追求することができる次元の一つです)、オンラインではたくさんの仕事があります。


あなたのアーティストのトラックは、単にSpotify、iTunes、Tidalなどに表示されるだけではなく、それぞれに配信するためにトラックのマスターバージョンを提出する方法を手作業で見つけなければなりません。もし、あなたが少しでもお金を使えるのであれば、TuneCore、DistroKid、CD Babyなどのサービスを利用することで、配信の管理に関して肩の荷を下ろすことができます。資金繰りに困っているレーベルにとっても必須の買い物です。


また、各トラックのメタデータが完全であることを確認し、あなたが出している音楽の中でサンプリングされたものの権利またはライセンスを所有していることを確認するのもあなたの仕事です。



レーベルの役割2:ソーシャル・メディア

レーベルがアーティストの手を煩わせることはありませんが、この分野はアーティストに任せることをお勧めします。ファンとのコミュニケーションの手段として、またファンが何を求めているのか、何が幸せなのかを理解するために、ソーシャルメディアはアーティストが常に最新の情報を得て、地に足をつけて活動するための重要な手段となります。


しかし、アーティストのプロフィールの管理者やマネージャーとして、忙しい時期に物事が滞らないようにすることは可能です。また、レーベルのソーシャルプロフィールも忘れてはいけません。アーティスト同士のつながりを作り、ファンを循環させるのに役立ちます。


レーベルの役割3:アートワーク

アーティストの中には、音楽と同様にグラフィックにもこだわりを持つ人がおり、アルバムなどのアートワークを自分で作りたいと考える才能豊かな人もいます。また、将来的にレーベルの他のアーティストと一緒に仕事ができるように、才能のあるクリエイターを集めて、レーベルが介入することもあります。



レーベルの役割4:ライブとツアー

アーティストから管理者としての役割を奪う一方で、会場やスポットなどのライブの手配をする手間を省くのはどうでしょうか。




適切なケーブルを探したり、ケータリングを詰めたりするなど、個々の契約やアーティストがマネジメントされているかどうかによって責任は異なりますが、アーティストに最高のプレイをさせるためには、レーベルがそばにいたほうがいいでしょう。



レーベルの役割5:ウェブ上での存在感

あなたのレーベルはウェブサイトを持っていますか?それぞれのアーティストは?Resident AdvisorやDiscogsのようなサイトで彼らの情報は正しいですか?Googleのナレッジパネル(右図)で名前を検索したときに表示されていますか?ウィキペディアに掲載されていますか?Soundcloudのプロフィールは正確ですか?音楽を購入したり、ライブをチェックしたりするためのリンクが貼られていますか?上記のすべてが相互にリンクされているか?


あなたのレーベルはウェブサイトを持っていますか?それぞれのアーティストはどうでしょう?


これらは、各アーティストがウェブ上で良い存在感を示し、ファンや潜在的なファンが簡単に見つけられるようにするために、あなたがすべき質問のほんの一部です。


レーベルの役割6:プロダクション、ミキシング、マスタリング

多くの音楽において、プロデューサーとアーティストの役割は統合されてきましたが、契約によっては、アーティストの音楽のミキシングやマスタリングをプロの手で行い、アーティストにはより多くの作品を作ることに専念してもらうことができます。


専任のプロがミックスやマスタリングを行うメリットは?彼らは毎日この仕事をしていますし、商業的なミキシングのトレンドをよりよく把握しています。


レーベルの役割7:PRとコミュニケーション

アーティストの露出は、単に音楽をどこにでもアップロードしたり、ライブをしたりすることだけではありません。


通常、レーベルの役割は、オンラインや他の出版物で可能な限り多くのインタビューや特集を組んで、関心を喚起することです。経験豊富な広報担当者に依頼するのも一つの方法ですが、自分でやる場合は、次のような方法で始めます。


様々な出版物に掲載されている既存の記事をチェックし、自分のアーティストがどこに掲載されるかを確認します。もちろん、ミニマルテクノのアーティストを「Modern Tuba」誌に掲載しても意味がありません。各サイトの様々なセクションを把握して、あなたのアーティストがどこに適しているか、そしてその理由を確認してください。そのアーティストは道具好きだという評判がありますか?同じようなサイトを探してみましょう。そのアーティストは、特定の編集チームが注目するような面白いストーリーやプロジェクトを持っていますか?彼らに声をかけてみましょう。



自分でアーティストと販売店をマッチングさせることができれば、販売店へのアプローチもうまくいく可能性が高くなります。ジャンルや歴史、話題性などから、自分のアーティストに興味を持ってくれそうな人を把握し、特定の場所にターゲットを絞ることが大切です。



ラベルの役割8:正しい判断と行動

あるアーティストが著作物をサンプリングしたとします。音楽を配信するレーベルとしては、著作権者にそのサンプルを確認することが義務づけられています。もしできなければ、そのアーティストに交換してもらうことになります。


一方で、あなたのアーティストが他の誰かにサンプリングされていたらどうでしょう?あるいは、他の人がアップロードしてマネタイズしていたら?この場合、あなたとアーティストに相応の対価が支払われているかどうかを確認するために、あなたがそれを報告するか、著作権の申し立てをするかにかかっています。


自分とアーティストに相応の対価が支払われているかどうかを確認する。


レーベルの役割9:ロイヤリティの徴収と登録

あなたのアーティストは権利団体に登録されているかもしれませんが、レーベルとしては、彼らがリリースした音楽が適切にタグ付けされ、分類されていることを確認して、収益を回収できるようにする責任があります。正確な仕組みについては、この記事では説明しませんが、ロイヤリティの仕組みと、この分野でのあなたの責任について理解しておくとよいでしょう。




ライブミュージックのロイヤルティへの関心が高まっていることも、管理者、メタデータ、そしてあなたの仕事を増やすことで、すべての人が正当な対価を得られるようにすることができる分野です。



3回の閲覧0件のコメント