top of page
検索

ゴースト・プロデューサーの世界を解き明かす: 隠れたヒットメーカーへの道

自分のプロダクション能力を現金に換えたいと考えているなら、あるいは自分のスキルセットを広げたいと考えているなら、プロデューサーでのキャリアが答えかもしれない。




音楽制作の世界では、効果的かつ持続可能な方法で自分の技術を収益化することは、少々困難な場合があります。

理想的な世界では、数曲作ってメジャー・レーベルと契約し、プライベート・ジェットに飛び乗ってワールド・ツアーを始められるはずですが、現実には、音楽でお金を稼ぐというのは、果てしなく無視されるEメールや、仕事のために費やされる時間に悩まされる苦しい闘いです。




この記事では、音楽制作プロデューサーの不思議な世界を紹介し、あなたにとって適切な稼ぎ頭になり得るかどうか、そして最初のクライアントを獲得するためにどのように努力すべきかについてアドバイスをしていきたいと思います。


ゴースト・プロダクションとは?


ゴースト・プロデューサーとは、金銭と引き換えに曲の構想や創作に参加するが、その仕事に対して正式なクレジットを受け取らない人物のことを指します。

この点が、音楽制作スタッフと、通常その貢献が正式にクレジットされるコラボレーター、ソングライター、エンジニアとの決定的な違いです。



ゴースト・プロデューサーの実践は、かなり広い範囲に及びます。

プロデューサーが歌詞を書いたり、ドラムのフィルを演奏したり、シンセサイザーのベース・パッチをデザインしたりする一方で、アーティストが他の制作業務を通常通りに行うこともあります。 もう一方では、アーティストやレーベルが概要といくつかの参考トラックをプロデューサーに提出し、そのプロデューサーがトラック全体の作曲、プロデュース、エンジニアを行うことも考えられます。

プロダクションのマーケットプレイスもあり、そこでは、アーティストがからのすぐに使えるトラックの権利を購入することができます。


ゴースト・プロダクションの利点とは?


このようなゴースト・プロダクションには汚名がつきまといます。

ピッチ補正の過剰な使用、MIDIパックの使用、サンプリング、一般的な著作権上の不正行為など、他の論争を呼ぶような制作行為は、比較的安易に行われる傾向があります。

また、クリエイティブな世界の一部の人々から悪評を受けることでも知られています。




ゴースト・プロダクションを批判する人は多いものの、実際には関係者全員にとって有益な方法がいくつもあります。

アーティストがより良い音楽をリスナーに届けることができ、リスナーもお気に入りのアーティストの新曲を手に入れることができます。


これは売上やストリーミングの数字に貢献する可能性が高いので、レーベルもハッピーです。一方、プロデューサーは仕事に対する報酬を得ることができ、有名なツアー・アーティストとしての試練や苦難から逃れることが出来ます。


ワーク・ライフ・バランスの改善


経験豊富なプロデューサーのティモフェイ・レズニコフは、当初アーティストとしてのキャリアを目指したが、すぐにDJの生活が自分の生活と合わないことに気づきました。

ティモフェイにとって、快適な自分のスタジオで仕事の大部分をこなせることは、実に好都合だったと言えます。


自分の強みを生かす


良くも悪くも、音楽における成功の大部分はイメージに基づいています。

それは今に始まったことではなく、ロックスターという言葉がどのようにして生まれたかを考えてみれば一目瞭然です。

常にどこにでもいるようなアーティストを思い浮かべることはできても、彼らのバック・カタログから1曲も名前を挙げることはできないと思います。

彼らのブランドと評判が先行しているのです。

コインの反対側には、ひっそりと素晴らしい音楽をリリースしているにもかかわらず、正当な評価を受けることのないアーティストが多数存在しています。




実際、スタジオではめちゃくちゃ才能があっても、世界的なスーパースターになることに興味がない人もいます。

そのような人々にとって、このようなプロダクションは、次のカルヴィン・ハリスになるような旅行やメディアの注目を集めることなく、非常に確実な収入源となり得ます。


成長や向上をもたらす職業


このようなゴースト・プロデューサー自身にとってのもう一つの利点は、他のアーティストとコラボレーションすることによって、技術的・専門的なスキルを磨く機会が得られることです。

ダンス・ミュージック界の大物たちと長年にわたって仕事をしてきたティモフェイは、エレクトロニック・ミュージック界で最も生産的なライターズ・ルームや音楽スタジオにいたことがあります。

他のクリエイティブなプロフェッショナルと仕事をすることは、知識を広げ、インスピレーションを高める素晴らしい方法です。




ティモフェイはまた、他のアーティストのためにプロデュースすることで、プロとして貴重な教訓を得たと言います。

ゴースト・プロデューサーとして成功するためには、自分のエゴを横に置くことが重要です。

創造的、技術的な、あるいは専門的な問題に直面する可能性があったとしても、効率的かつ規律正しく仕事に取り組む必要があります。


ゴースト・プロダクションに入るには?


自分のアートを収益化する場合によくあることですが、思いもよらないときにチャンスが訪れることがあります。

ティモフェイの場合、副業としてDJにAbleton Liveの使い方を教えていたところ、プロダクションの仕事はやらないけど、ダンスフロアでエクスクルーシブな音楽をプレイしたいという人が現れ、すぐにゴースト・プロダクションの仕事になりました。

この記事を読んでいるということは、このようなゴースト・プロダクションを自分の仕事に加える方法、ひいては収入源を増やす方法について、より具体的なヒントを求めていることでしょう。


素晴らしい音楽を作り、共有する


最初のポイントは、ある人にとっては当たり前のことに思えるかもしれません。

もしあなたがまだ、人気のあるスタイルで高品質の音楽をコンスタントに制作していないのであれば、これはあなたのやるべきことリストの一番上にあるはずです。

これはパズルの1ピースに過ぎませんが、ゴースト・プロダクションのキャリアを築くための基礎だと考えるべきです。

また、素晴らしい音楽をハードディスク一杯分隠し持っているだけでは、業界最高の作曲家ルームに入るには不十分であることは言うまでもありません。

あなたがお金を稼ぐためには、あなたの音楽が適切な場所で適切な人々に届かなければなりません。


制作スキルやセルフ・プロモーションのノウハウを磨く必要があると感じたら、より良いメロディーを書くためのテクニックや、TikTokに自分の音楽を載せる方法を読んでみてはいかがでしょうか。


ポートフォリオを作る


自分の作品を完成させたら、次はそれをポートフォリオに まとめましょう。

そして最終的な目標を考えてみてください。

ティモフェイは、レーベルやアーティストが自分に何を期待しているのかを理解するために、そのアーティストや彼らの過去のリリースを研究することの重要性を説いています。



自分の多才ぶりをアピールするために、さまざまな音楽スタイルをポートフォリオに盛り込みたくなるかもしれないが、それでは何でも屋であり、何も取り柄がないということになりかねない。それよりも、あなたが楽しんで取り組める特定のスタイルを見つけ、そのスペシャリストになるために努力を傾ける方が生産的かもしれません。

Network, network, network


クリエイティブ業界では、あらゆるタイプの仕事を確保する方法が求められます。

大きくて活発なネットワークを持てば、より良いチャンスが頻繁に訪れる可能性が高くなります。 だからといって、生活を一変させてLAに引っ越す必要はありません。 特にCOVID-19以降、テクノロジーを通じて強力で貴重なネットワークを構築する方法は無数に存在しています。 Discords、Facebookグループ、Soundcloud、LinkedInはすべて、さまざまな種類のネットワークづくりの機会を提供してくれます。 これらのプラットフォームに投稿し、共有し、参加し、存在感を高め始めれば、人脈は後からついてきます。

レーベルにデモを提出


ヒップホップの世界では、ゴースト・プロデューサーとラッパーをつなぐ効果的な方法として「タイプ・ビート」があります。

タイプ・ビートとは、ゴースト・ロデューサーが特定のアーティストのスタイルでインストルメント・トラックを作曲することで、ラッパーが探している曲のスタイルを簡単に入手できるようにするものです。

同じアプローチはエレクトロニック・ミュージックの世界でも応用でき、レーベルに提出するデモを作るときに採用できます。


例えば、Toolroom Recordsにトラックを提出したい場合、Toolroomのリリース作品をできるだけたくさんピックアップし、その共通点を洗い出す。

そして、それらの作品に共通するものは何か、彼らの最も成功した曲の人気の秘密は何なのかを見極めまあす。

これで、"Toolroomタイプのビート "がどのようなサウンドなのかが理解できますので、レーベルに送るためのデモの作成に取り掛かることができます。


ゴースト・プロダクション・マーケットを利用する


プゴースト・ロダクション・サービスのマーケティングにおける本質的な問題の1つは、その仕事の性質上、プロデュースしたアーティストについて口を閉ざしておく必要があるということです。

もし、あなたがクレジットなしで、誰にも言わずに音楽をプロデュースするためにお金をもらっているのであれば、あなたの仕事を公表するのはとても難しいことです。


この問題を克服する1つの方法は、ゴースト・プロダクションマーケットプレイスであなたのサービスを宣伝することです。

これらのウェブサイトの仕組みはそれぞれ少し異なりますが、プロジェクトのために音楽を必要とする人と、それを作ることができる人を結びつけるように設計されています。

プロダクションの初心者としてこれらのサービスを利用する利点は、自分のプロジェクトのためにお金を使うことを積極的に探している人々でいっぱいの市場にアクセスできることです。


チェックすべきマーケットプレイス


長所: 幅広いジャンル、独占ライセンス。

短所:サービスを販売する機能はなく、完成したトラックを販売するのみ。




長所: プロフェッショナル: プロダクション・サービスとヴォーカル・ラインを販売。

短所:ジャンルがEDMに限定される。




長所: プログレッシブ・ロイヤリティー・システムで、より多くのトラックを売れば売るほど、より良い報酬が得られる。

短所:自分で価格を設定できない。





よくある質問


ゴースト・プロダクションとは何ですか?

ゴースト・プロダクションとは、プロデューサーが他のアーティストの名義でリリースされる曲を作ることです。


ゴースト・プロダクションは合法ですか?

はい、ゴースト・プロダクションは合法です。


ゴースト・プロダクションの料金はいくらですか?

ゴースト・プロダクションの料金は、あなたの経験や誰のためにプロデュースするかによって異なります。

キャリアの初期は1曲数百ドルですが、上達するにつれて数千ドルになることもあります。


閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page