検索

テクノの先駆者ケヴィン・サンダーソンの過去、現在、未来の紹介


デトロイトテクノの先駆者の新しいサンプルパックは、エレクトロニックミュージックのジェネレーションギャップを橋渡ししています。


音楽のジャンルというものは、時として論争の対象となることがあります。

ジャンルの分類は通常、固定観念を避けようとするアーティストによって全面的に拒否されることがあります。




現在ではベルリンやアムステルダムといったヨーロッパの首都のイメージが強いですが、テクノのルーツはアメリカの都市デトロイトにあります。

モーターシティの郊外にあるベルヴィル高校で、ケビン・サンダーソンは、家族とともに近隣のニューヨークから移住した後、フアン・アトキンスとデリック・メイに出会いました。

ベルヴィル・スリーは、デトロイト・テクノという独自のジャンルを築き、エレクトロニック・ミュージックの新しい制作方法を開拓し、後に続く人たちの目標となったのです。




現在、Kevin Saundersonは、プラチナムセラーのレコーディングアーティスト、レーベルオーナー、フェスティバルプロモーターとして、35年にわたり、その確かなサウンドとハイテンションなセットで観衆を魅了しています。

ディスコ、クラフトワーク、シカゴ・ハウス・ミュージックにインスパイアされたケヴィンは、様々な名義でトラックをリリースしています。

Kevin Saunderson、Kreem、E-Dancer、Intercity、Reese and Santonio、Reese、Tronikhouse、Kaos、Transistorなど、様々な名義でトラックを発表しています。

サンダーソンとボーカリストのパリス・グレイのコラボレーションによるInner Cityは、12曲のUKトップ40ヒットと世界中で600万枚以上のレコードセールスを記録しました。




過去、現在、未来の紹介


Beatport SoundsからリリースされたKevin SaundersonのデビューLoopcloudサンプルパックは、エレクトロニックミュージックの巨匠として永遠に君臨し、常に進化を求める先進的なアーティストとしての評価を反映しています。

Saundersonはこのサンプルパックを、これまでの輝かしいキャリアのサウンドを集めると同時に、今後の展開も見据えたものとしてコンセプト化しました。






「私のサンプルパックのアイデアは、別名義のコラージュをすることだったんだ。

Inner City, Reese Project, Kevin Saunderson, E-Dancer, Tronic House、あと3、4個はあるかな!

自分の音は、これらの異なる名義で何度もサンプリングされているので、長い時間をかけて自分の音と、これらのプロジェクトで行ってきたことすべてを表現するために、自分自身のサンプルパックをまとめるのは良いアイデアだと思ったんです。」



35年も音楽を作り続けていれば、商売道具も多少は変わってくるものです。

Kevin SaundersonがLoopcloudのような新しい制作ツールへ作品を提供するのは、彼の革新への意欲の表れだと思います。


「私はLoopcloudが大好きです。チャンネルですぐに引っ張ってきて、インスピレーションを受けたサンプルを取り出して、それを切り刻んでアレンジして、まったく新しいサウンドを作ることができるんだ。」


テクノは常に最新のテクノロジーを駆使して未来のサウンドを探し求めて来ました。

Kevin Saundersonのハードウェアとソフトウェアの好み、そして音楽制作の哲学についてもっと聞きたい方は、Beatportalのインタビューをご覧ください。



閲覧数:22回0件のコメント