top of page
検索

サンプリング・パックを通して自分を見いだした3人の女性たち

サウンド・デザイナーの女性たちによる、この1年で最も素晴らしい3つのアーティスト・パックを紹介します。



LoopmastersとLoopcloudでは、最も人気のあるコレクションとして、トップアーティストにスポットライトを当て、彼らのクリエイティブな表現をあなたのプロジェクトで使用できるアーティストパックを用意しています。

最新の女性アーティストによる3つのパックには、Francesca LombardoのEchoes、EmikaのProducers Sounds、Yulia NikoのMelodic Minimalがあります。


この記事では、LoopmastersまたはLoopcloudから入手可能なこれら3つの素晴らしいパックに光を当てみたいと思います。



フランチェスカ・ロンバルドは、10年以上にわたって世界中のオーディエンスを魅了してきたイタリア人DJ/プロデューサー。

彼女のキャリアは2000年代初頭、イタリア各地のクラブやフェスティバルでパフォーマンスを始めたことから始まりました。

彼女の才能がより多くのオーディエンスやレコード会社の目に留まるようになるまで、そう時間はかかりませんでした。

2010年、彼女はファースト・アルバム『The Beginning』をリリースし、批評家からもファンからも好評を得ました。


それ以来、フランチェスカは『Eclipse』や『Synapse』など、人気の高いアルバムやシングルをリリースし、世界中で多くの支持を集めています。

テクノ、ハウス、アンビエントを独自にブレンドした音楽は、革新的で新鮮だと評価され、同世代で最も才能あるエレクトロニック・ミュージック・プロデューサーの一人という評価を得ています。


フランチェスカ・ロンバルドは長年にわたり、TomorrowlandUltra Music Festivalなど、世界で最も有名なフェスティバルに出演してきたほか、ヨーロッパ各地のトップクラブでレジデンスを務めてきました。

2018年、彼女はDJアワードのベストテクノDJ部門にノミネートされ、エレクトロニック・ミュージック業界で最も尊敬され、賞賛される人物の一人としての地位を確固たるものにしました。




Echoesはフランチェスカのサンプルパックで、あなたのプロダクションにインスピレーションを与え、向上させることを目的としたアトモスフェリックなサウンドとオーガニックな録音のコレクションを収録しています。


ロンバートはこのパックを「私を象徴するサウンドのセレクション」と表現し、"世界中からサウンドを集めて録音する "というプロセスを経て制作されたと語っている。

このパックには、フィールド・レコーディングやヴォーカル・サンプルなど、様々なワンショットやループが含まれています。

彼女の目的は、エレクトロニック・ミュージック・トラックに深みと感情を加えるために使える多様なサウンド・セットを作ることでした。



Emikaはイギリスのエレクトロニック・ミュージシャン、作曲家で、2011年にデビューアルバムをリリースして以来、業界で注目を集めてきた存在です。

Ema Jollyとしても知られるEmikaは、音楽ソフトウェアで知られるNative Instrumentsのサウンドデザイナーとしてキャリアをスタートさせた。

彼女は才能あるプロデューサー、作曲家として早くから評判を集め、それが彼女自身の音楽制作に繋がっていきました。

2011年にリリースしたセルフタイトルのデビュー・アルバムは批評家から絶賛され、多くのファンを獲得することになりました。


それ以来、Emikaは『Drei』『Falling in Love with Sadness』などの人気アルバムやシングルをリリースし、同世代で最も革新的でエキサイティングなエレクトロニック・ミュージック・アーティストとしての地位を確固たるものにしています。

彼女のサウンドは、実験的なポップ、テクノ、クラシックを独自にブレンドしたもので、まさに彼女独自のものだといえます。


Emikaはライブ・ミュージック・シーンでも話題を呼び、SonarMUTEKといった世界有数のフェスティバルでパフォーマンスを行っています。

彼女のライブは、ダイナミックなエネルギーと没入感のあるビジュアルで知られ、音楽だけではない体験を提供しています。

2012年にはQアワードの最優秀新人賞にノミネートされ、2013年にはEBBA賞の最優秀エレクトロニック・アクト賞を受賞しました。

これらの栄誉は、彼女の才能と業界における影響力の証となっています。




Producers SoundsはEmikaのサンプルパックで、彼女のユニークなスタイルのループ、サンプル、ワンショットを集めたものです。

Emikaは彼女自身の経験やサウンド・デザインのテクニック、そしてプロデューサーやサウンド・デザイナーのコミュニティからの投稿をもとにこのパックを制作した。


記事の中でEmikaは、このパックは「私のテクニックとアプローチの多くを具現化したもの」であり、プロデューサーに多様なサウンドと音楽制作のためのツールを提供することを意図して作られたと述べています。

このパックには、ドラム・ループ、シンセ・メロディ、ヴォーカル・チョップなど、オーガニックで実験的なテクスチャに重点を置いた様々なサウンドが収録されています。




エレクトロニック・ミュージックの世界では近年、才能ある女性プロデューサーやDJが次々と頭角を現していますが、ユリア・ニコは間違いなく最もエキサイティングな一人です。

ロシア出身でニューヨークを拠点に活動する彼女は、2014年にデビューEPをリリースして以来、アンダーグラウンド・シーンで一貫して存在感を示し続けています。


ユリア・ニコのキャリアは2010年代初頭、地元モスクワで音楽制作を始めたことから始まりました。

彼女はすぐに世界のテクノ・コミュニティーの注目を集め、デビューEP「So Far So Close」を名高いレーベルCrosstown Rebelsからリリースしました。

このEPは批判的、商業的に成功を収め、ユリア・ニコが業界で頭角を現す道を築き上げたといえます。


それ以来、ユリアは『Manifesto』、『Paradise』、『Breathe』などのEPやシングルをリリースしており、人気を博しています。

彼女のユニークなジャンルの融合は、アンダーグラウンドのダンス・ミュージック・ファンから熱狂的な支持を得ており、数々のフェスティバルにも出演しています。

また、AwakeningsBPM FestivalSonus Festivalなど、世界で最も有名なフェスティバルにも出演し、サーキットで最もエキサイティングなエレクトロニック・ミュージック・アーティストの一人としての地位を確固たるものにしています。


またユリア・ニコは、ニューヨークの伝説的クラブOutputやブルックリンのThe Panther Roomなど、世界中の一流クラブで知名度の高いアーティストとして活躍しています。

彼女の才能は業界の同業者からも認められており、2019年のDJアワードではベスト・ブレイクスルーDJにノミネートされました。

輝かしい未来が待っているユリア・ニコは、間違いなくエレクトロニック・ミュージック・シーンの注目アーティストで言えると思います。




Melodic MinimalはYulia Nikoのサンプルパックで、彼女のミュージシャンやDJとしての経験からインスパイアされたサウンドを収録しています。このパックには、Minimal Technoジャンルの音楽制作を向上させるためにデザインされた、メロディック、パーカッシブなループ、ワンショット、MIDIファイルが含まれています。


メロディック・ミニマルについてのインタビュー記事で、ユリア・ニコは、このパックは彼女の「メロディック・ミニマル」スタイルで制作するための「包括的なツールキット」をプロデューサーに提供することを意図して制作されたと語っています。

彼女はこのジャンルにオーガニックでエモーショナルな要素を取り入れることの重要性を強調しており、このパックにはピアノ、ストリングス、アトモスフェリックなレコーディングなど、様々なテクスチャーや音色が収録されています。全体的に、Melodic Minimalは、ミニマル・テクノ制作における創造性と革新性を刺激するようにデザインされた、多目的なパックで間違いないと思います。

閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page