検索

アンディ・リーは、放置されたレコード・コレクションにグルーヴを感じています。

アンディ・リーは、自身のソウルフル・ハウス・サウンドや、謎の7インチ・レコード・コレクションがどのようにして新しいパックに影響を与えたかについて、時をさかのぼって説明しています。

新しいパック「Funky House Producer 2」のリリースを前に、このパックとオリジナルのVolume 1のクリエーターであるAndy Lee氏に、成功の秘訣を聞いてみました。


オリジナルのFunky House Producerパックのインスピレーションは何だったのでしょうか?

私の後ろに15年以上前に買ったムーグのシンセサイザーがありますが、昔はとても手が出ませんでした。このシンセサイザーを買うためにはどうすればいいか、ということになりました。


そのシンセサイザーの音をディスクに入れて、みんなに配るようになりました。私のプロダクション・サウンドは、この数年間でかなり変わりました。20年近くプロデュースをしているので、ソウルフルなハウスからディープハウス、そして今ではよりミニマルなサウンドを作っていますが、どこかに連れて行ってくれる音楽であることに変わりはありません。


現代的な新バージョンを作るために、どのような準備をしましたか?

Loopmastersとの仕事が15周年を迎えるにあたり、これまでに作ったパックを見てみました。最初のパックは「Funky House Producer」、2番目のパックは「Soulful House Sessions」、そして「Disco House Sessions」と、3つのパックが集まっていました。これらのパックをもう一度見て、3つのパックの雰囲気を再現しなければなりませんでした。そして、そのパックの小さな要素やパーツを使って、そこから新しいパックを再生するようにしたのです。



自分の音楽を作るとき、何がインスピレーションになるのでしょうか?

もう20年以上前になりますが、アメリカでCDプレーヤーを入れるためにジュークボックスから取り外された約300枚のレコードを集めた「マジック7インチ」コレクションを購入しました。昔のディスコレコードや昔のファンクレコードとファンキーハウスには関連性があるので、今回のプロジェクトには最適でした。レコードをかけて、ベースラインやギターリフからインスピレーションを得て、ギターを手に取り、同じような感覚で似たようなことをすることができるのです。このパックを使えば、自然に物事がうまくまとまることでしょう。


制作体制はどのように変化してきましたか?

長い間、同じような状況が続いています。アウトボードでは、ビンテージ・マイクとビンテージ・プリアンプのコレクションを使い、ボックス内では非常にモダンなプロセッシング・チェーンを使用しています。私はElektronのキットが大好きで、ボックス内でのプログラミングとは全く異なる作業方法です。パックのアイデアは、できるだけ多くのインスピレーションを与えることですが、人々がそれを次のレベルに持っていくのを見るのは、とても素晴らしいことです。


「Funky House Producer 2」は、LoopmastersとLoopcloudで発売中です。

10回の閲覧0件のコメント